車検見積りでディスクブレーキパットの交換をすすめられたら交換「する・しない」の判断基準

シェアする

車検は法定費用はともかく整備代や部品代は出来るだけ抑えたいですね。その為に車検見積りを数か所で取る方も多いのではないでしょうか

その時にブレーキパットの交換をすすめられたら「交換する・しない」の判断基準 をごぞんじですか?

実はブレーキパッドには摩擦材(消耗する部分)の残量について車検の合否に係わる明確な基準はありませんので摩擦材が全くない場合を除いては交換必須と言ことはありません

今回はブレーキパッドの交換を「する・しない」の判断基準についてです

スポンサーリンク

ディスクブレーキパットについて

ブレーキパッドは車を減速・停止させる大切な部品 です。土台と擦り減る摩擦材(ライニング)で構成されています

摩擦材は新品では約10㎜の厚みがあります。走行距離やブレーキング(乗り方)によって減り方も違いますが減ったブレーキパッドで走行を続けると周辺部品まで影響を及ぼすので早めの交換がおすすめです

関連記事

ブレーキパッドは新品で約10㎜の厚みがある摩擦材がブレーキローターを挟み込むことで安全に減速・停止させる車にとって重要な部品です 摩擦材の残量が3㎜ほどになったら交換時期ですから迷わず交換しましょう 今回は一緒に交換修理した周辺部品と交換費用についてです

ブレーキパッドの交換 判断基準

ブレーキパッドについて明確な交換基準がないのに車検見積りでおすすめされるのは点検者(自動車整備士)が目視による確認をした上で「整備記録簿」で前回交換してからの走行距離を計算し、次回車検まで交換不要か判断しています

sorami
sorami
概ね摩擦材の残量が3㎜なら必ずおすすめされると思いますよ

ブレーキパッドは10,000㎞で1㎜擦り減ると言われていますが、摩擦材の残量5㎜を超えると摩擦熱などの影響で減り方が加速されます

車検見積り時にブレーキパッドの交換をおすすめされたら自分で判断ができない場合は「交換する」が正しい判断です

余談ですが次のような質問をしても点検者が困るだけです

  • 質問1 「あとどれくらいもちますか」
  • 質問2 「次の車検まで大丈夫ですか」

交換をおすすめしてるのは、ブレーキパットの残量を目安にしています。人それぞれ走行距離や乗り方が違うので上記の質問には答えてもられません

ブレーキパッドの交換を音で判断する

ブレーキパッドの交換を判断する基準は摩擦材残量の目視確認だけではありません。目視確認はタイヤの脱着作業が必要なので経験者以外は出来ませんが、走行中の異音や振動はドライバーにしか分からないことです

特に「キーキー音」はパッドウェアインジケーターが原因になっています。パッドウェアインジケーターには警告灯で知らせる電子式と異音で知らせる機械式があります

走行中やブレーキを踏んだ時に「キーキー、ザーザー、カラカラ」などの音や停止する直前に「グッグッ」と言った変な振動を感じたら車検以外でもすぐに点検しましょう

目視確認が出来るなら

タイヤ、ブレーキキャリパーを外して目視確認が出来るなら常に荷重がかかる運転席側を点検しましょう

点検の結果摩擦材の残量が3㎜なら要交換、2㎜以下なら即時交換をおすすめします。どちらも車検見積りで指摘されたら交換をおすすめします

スポンサーリンク

ブレーキパット交換基準 まとめ

車検見積りでブレーキパットの交換をすすめられたら自分で判断できない時は交換をおすすめします

ブレーキパッドは車を減速・停止させる唯一の部品です。車検費用がかさむからと言って「交換しない」のは間違いです

それではまた・・・



シェアする

フォローする