解氷スプレーを大量に使う 凍結したクルマのガラスに効果があり出費を少なくする自分で作る解氷スプレー

シェアする

解氷スプレーを毎日使うと2週間ほどで使い切ってしまいます

私が使うのはガラコアイスオフですが月に1,000円以上使ってますね

結構バカに出来ない金額です

たまに浮気をして安売りの解氷スプレーを買っても、無くなるのが早い気がするのは私だけでしょうか?

消費税も上がった事だし、凍結したクルマのガラスに効果があり、わずかでも出費を少なく出来る、自分で作る解氷スプレーをご紹介します

スポンサーリンク

解氷スプレーを大量に使う

トラックはガラス面積も大きく、安全走行の為には氷を完全に解かさないといけないので、使う量が半端ではありません

それなら氷が解けるまで暖機運転をすれば・・・とおっしゃいますか?

長時間の暖機運転は、燃料代もかかりエコではありませんからね。運送業界はシビアなんですよ

という事で、会社のトラックで利用しているのが・・

【自分で作る解氷スプレー】

解氷スプレー成分はエタノール(アルコール)です。エタノールと言えば消毒液や除菌シートを思い付く方も多いでしょう 正解です。エタノールは、解氷スプレーにも使われているんですね

SOFT99 解氷ガラコダブルエッジ

【解氷スプレー】の作り方

準備するものは無水エタノールと水、それにスプレーボトルがあればOKです

無水エタノールと水の比率は・・・3:1

が理想ですが2:1でも十分な効果があります

費用を抑えたいなら無水エタノールの比率を下げれば良いので凍り方によって調整すれば良いでしょう

元々濃度が低い消毒用アルコールなどを使うと更に費用を抑えられますが、解氷効果は下がります

SOFT99 解氷ガラコダブルエッジと比べてみます

ガラコ      容量330㎖ 価格   555円

無水エタノールP  容量500㎖ 価格 1,046円
2:1の比率で作れば300㎖の解氷スプレーが2.5本(750㎖)作れます

ガラコは2本(660㎖)で1,110円なので750㎖分では1,261円

その差は215円になりますね

たったそれだけ・・・

と思いますが大量に使う場合は無視できない金額です

さらに無水エタノールは濃度によって様々な所で活躍します。消毒はもちろん、お掃除にも使えるので1本用意しておくと便利ですよ


無水エタノールP 500ml(掃除)

自分で作る解氷スプレー まとめ

今回は、凍結したクルマのガラスに効果があり出費を少なくする為に、自分で作る解氷スプレーについてでした

無水エタノールは燃えやすく、原液の取り扱いには注意が必要ですが、優れた洗浄力を持っているお掃除の強い味方です

自作した解氷スプレーをお掃除にも利用すれば、洗剤代の節約になるかもしれませんね



スポンサーリンク

シェアする

フォローする