タイヤのパンクの種類  自分で出来るパンクの対処方法と予防方法

シェアする

こんにちは、へっぽこおやじです 今回はタイヤのパンクについてです

タイヤのトラブルと言えばパンクですが、パンクと言っても2種類あります
少しずつ空気が抜けていくスローパンクチャーと、タイヤが破裂するバーストです

その他にもクリップボルトナットの緩みによるトラブルもあります

スポンサーリンク

スローパンクチャーとバーストは何が違うの?

スローパンクチャ―とバーストの意味や症状についてお話します

バースト(Burst)意味と症状

走行中に、自動車のタイヤが破裂、破れる現象

タイヤがバーストすると、ハンドルが大きく取られ操舵に影響が出ます
通常走行は出来ません 非常に危険な状態です 誰でもすぐに異常に気付きます

バーストした場合はタイヤが破損しますので、修理は不可能です
またバーストした状況によってはホイールが傷み、修理代が高額になる事もあります

バーストは高速走行をしている時に多く発生しますので予防が重要になります

スローパンクチャー(Slow puncture)意味と症状

スローパンクチャーは少しずつ空気が抜けるパンクです 普通のパンクの事です
徐々に空気圧が低くなって行きますので、気付かず走り続けてしまう方もいます

スローパンクチャーは修理剤で穴を塞げる場合もありますが、タイヤの寿命まで効果が持続するとは限りません

スローパンクチャー/バーストした時の対処法

どちらの場合も走行中に異変を感じたら安全を確認しながら速やかに車を路肩に停車させます その際「ハザードランプ」や「三角掲示板」で周囲の車に危険を知らせましょう

バーストした時の対処法

バーストすると大きくハンドルを取られ、コントロールが困難です 正直焦ります
しっかりとハンドルを持ち急ハンドルを切ったりしてはいけません!(二次被害防止)
ハンドルはそのままで、ブレーキを踏んで減速します 高速道路では急ブレーキは厳禁!
決してバーストした状態で路肩を走行する事はやめましょう

バーストの場合は修理不可能なので保険や民間のロードサービスを依頼する事になります
他にはスペアータイヤに交換する方法もありますが、後ほどご紹介します

スローパンクチャーの原因と対処法

原因

1 釘やビスなどの金属片を踏む
2 ゴムバルブ(空気を入れる所)の劣化ムシの緩み
3 ホイールのリム部分の錆びや腐食・変形

スローパンクチャーは徐々に空気圧が減っていきますので、スグにパンクする事はありません
場合によっては1週間以上経過してからパンクする事もあります
ですので、何かを踏んですぐにパンクした場合はバーストに近い状態です

対処法

1の場合 パンク修理剤で修理出する事が出来ます
2の場合 ゴムバルブ(空気を入れる所)の交換(専用バルブは不可)
3の場合 タイヤを外しホイールのリム部分の修理で直る事もあります

以上の原因で走行中にパンクした場合も速やかに車を路肩に停車させます
走行を続けるとホイールがタイヤサイドを傷つけてしまいタイヤが使えなくなります
せっかく「修理で直るパンクだったのに・・」と後悔しますよ

スペアータイヤの交換する方法

1 パンクしたタイヤの対角線上にタイヤ止めをする(右前と左後・左前と右後が対角です)
2 ホイールキャップを外す ホイールナットを少し(1回転)程緩める
3 ジャッキをかけて、タイヤを上げる (ジャッキアップポイント確認)
4 ホイールナットを取りタイヤを外す スペアータイヤ(テンパータイヤ)と交換
5 ナットを取り付る ナットを対角線上に仮締めする
6 車体を降ろし、ホイールナットを十分に締めつける 締め過ぎ注意

交換が終わったらできるだけ早くガソリンスタンドや修理工場で点検してもらいましょう

最近はスペアータイヤ(テンパータイヤ)が標準装備されていない車種が多いです その場合パンク修理剤とコンプレッサーが装備されています
自分の車はどちらかを確認しておきましょう

自分で出来るパンク予防方法

スローパンクチャーやバーストの予防方法はいたって簡単です
重大な事故につながるパンクやバーストもタイヤ点検で防ぐ事が出来ます

空気圧点検

スローパンクチャーの発見やバーストの予防に最も効果があるのが空気圧点検です

バーストで最も多い原因は空気圧の低下によるスタンディングウェーブ現象と言われています
1本だけ他のタイヤより空気圧が極端に減っていればスローパンクチャーを疑う事が出来ます

月に一度もしくは機会がある毎に空気圧点検をしましょう

キズ・偏摩耗チェック

タイヤのトレッド部分やサイドのキズ・偏摩耗があるその部分は弱くなります
負荷がかかった時に、キズ・偏摩耗で弱くなっている所がパンクやバーストを起こす可能性が大きくなります

劣化による「タイヤ表面のひび割れも同じように危険です

この2点でパンクやバーストの予防が出来ます
いずれも日常点検の範囲ですのでぜひ実行してください

パンクの対処方法と予防 まとめ

パンクやバーストは重大な事故やケガに繋がる事もあります しかしその予防法はとても簡単な事なのです 日頃からタイヤの空気圧やキズ・偏摩耗のチェックをしましょう

最後までへっぽこおやじにおつきあい頂きありがとうございます

関連記事もぜひご覧ください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする