車検見積りでディスク ブレーキパット交換をすすめられたら交換する・しない?

シェアする

車検費用は法定費用はともかく整備代や部品代は
出来るだけ抑えたいですね

愛車のフリードスパイクハイブリッドが3回目の車検の時
車検見積りでディスク ブレーキパットの交換をすすめられました

車検見積りで知らされたパットの残量はおよそ3㎜

はてさて、これは交換が必要なのか?

答えは・・・私にとっては確かに交換時期です

皆さんは、車検見積りでディスク ブレーキパット交換をすすめられたら
「交換する・しない」の判断 をどうしますか

今回は車検の仕事をしていた時の経験をお話します

スポンサーリンク

ディスクブレーキパットについて

ディスクブレーキパッドは自分や周りの人を守る
大切な消耗部品 です

sorami
sorami
このことだけは理解しておきましょう


なぜ残量3mmが交換時期なのか

実は検査場ではブレーキパットの残量を測ることはありません
ブレーキの効きを確かめる 制動テスト があるだけです

なので、3㎜だから交換時期と言うことではありません  

私は年間約20,000㎞走行します
前回は車検の半年前に自分で交換しておきました

新品のブレーキパッドは車種にもよりますが
7ミリ~11ミリの厚みがあります。私のクルマは10㎜ほどです

交換後すでに新品の7割ほどすり減っている事になり、
次の車検までは持ちませんね

私にとっては確かに交換時期でしょう
sorami
sorami


走行距離と交換時期

ブレーキパットの残量は走行距離と大きな関わりがあります
先ほどお伝えしてように、ブレーキパッドは消耗品なのです

走行距離が多いほどブレーキパッドは減って行きます

走行距離が多い方が車検見積りの時、
ブレーキパットの交換をすすめられたら迷わず交換してください

相談されて困った話

ブレーキパットの交換をおすすめした時の
お客様からの困った質問をご紹介します

質問1 「あとどれくらいもちますか」
質問2 「次の車検まで大丈夫ですか」

交換をおすすめしてるのは、ブレーキパットの残量を目安にしています

人それぞれ走行距離や乗り方が違うので
上記の様な質問には答えられませんでした

スポンサーリンク

交換が必要な
ブレーキパットの残量

車検見積りの時にブレーキパットの交換をすすめられたら
残量を確認してくださいね

ブレーキパットの残量が2㎜以下 なら

すぐに交換した方が安心です

sorami
sorami
車検以外の時でもブレーキを踏んだ時に「キーキー」という音に気づいたら
ブレーキパットの交換時期ですよ


残量が少ないと危険

ブレーキパットの残量が少なくなるとローターを傷つけたり
ベーパーロック現象を起こしやすくなります

ローターを傷つけるとローター研磨や交換が必要になり
余計な出費がかかります

ブレーキパットの残量が少ないと摩擦熱がブレーキフルードに伝わりやすくなるので
ベーパーロック現象が起こりやすくなります

その他の部品にも悪影響が出る事もあります

ブレーキパット交換 まとめ

車検の時にブレーキパットの交換をすすめられたら

残量が2㎜以下なら迷わず交換しましょう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする