はじめての雪道運転「雪が降ったらどうしよう」 スタッドレスタイヤで運転する時の心構えと運転操作のポイント

シェアする

息子も今年クルマの免許を無事取る事が出来ましたが、教習所で教わっていない事があります

それが、【雪道運転】です

雪道を運転する時はタイヤチェーンかスタッドレスタイヤ、あるいはその両方が必要になりますが、今回は元タイヤのプロがスタッドレスタイヤで運転する時の注意点を伝授しましょう

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤで運転する時の心構え

スタッドレスタイヤだから・・・

「雪道でも滑らない!」

これが一番の間違いです

はっきり言ってどのメーカーのタイヤでも滑ります

増してや、夏タイヤと同じ感覚で運転操作をすれば尚更です

スタッドレスタイヤでも滑るんだ

と覚えておいてください

自分の運転操作の見直し

雪道を運転する時に気を付ける運転操作のポイントをご紹介する前に、自分のクルマの運転について客観的に考えて下さい

他人や家族に指摘された事や、タクシーに乗って「運転うまいなぁ~」と感じた事、何でも構いません

例えば信号が黄色になる・・・行っちゃえ~ とか
気が付いたら信号が「青」・・・慌てて発進したりとか

運転に慣れてくると必ず自分勝手な運転になってしまいます

もう一度、自分の運転を見直す事が大切です

スポンサーリンク

急発進・急ブレーキについて

誰でも自分は「急発進(アクセル)・急ブレーキではない」と思っていますが、雪道ではもっと繊細なアクセル・ブレーキ操作が必要になります

雪道での発進(アクセル)

AT(オートマ)車ならアクセルを踏んでいないのにゆっくり動き出すクリーピング現象をご存知だろうか?

雪道での発信速度のお手本です。MT(マニュアル)車なら2速発進が基本です

とにかく・・・

ゆっくりスタートする事

雪道でのブレーキ

雪道に限らず「ポンピングブレーキ」使ってますか?そう、ブレーキを数回に分けて踏むやつです

雪道では特に

「ポンピングブレーキ」

が大切です

雪道ではブレーキを1回でギューッと踏み込むとタイヤがロックして滑り易くなります

それに・・・

どんなスタッドレスタイヤを使っても夏タイヤより停止距離が長くなると思っていれば間違いありません

急ハンドル

もう一つ「急」の付く運転操作が、急ハンドルです

前方の障害物を避ける時はかなり手前から徐々に進路を変えるようにするのがポイントです

また交差点で右左折する為に信号待ちをしている時はハンドルをきったままにしないで、直進状態でスタートして大回りで曲がるようにしましょう

雪道では直進走行の時は意外に滑らないものです

雪道では「急」の付く操作をした時に滑る訳ですが、自分は「急」の付く操作はしていないと思っていてもダメですよ

次はあおり運転と誤解される原因になる「車間距離」についてです

車間距離について

車間距離が少ないと前項の「急」の付く操作、全ての原因になってしまいます

前のクルマに追いつこうとするのもダメです

雪道では、前のクルマの様子を確認しながら「車間距離」をいつもより空ける様にします

次項は車についているけどほとんど使わないスイッチについてです