【実録】財布を無くしたと気づいた時に「どうしよう」から始まった私のとった行動 現金よりクレジットカードと個人情報が心配

シェアする

「財布を無くした時の対処方法」を日頃から気にしていますか
私の財布には現金の他にクレジットカードや銀行のキャッシュカード、保険証や運転免許証などが入っていました

簡単に言っちゃったけど、財布の中身は自分の財産と、個人情報だらけです

この記事はマヌケなおやじの実録です
時間経過とともにお伝えします。では早速!

PM4:30
財布を無くしたと気づいた時

終礼がすんで車に乗り込んだ  「帰りにガソリンを・・・」あれ!
財布を無くしたと気づいた瞬間です
今まで経験した事の無い衝撃でしたが、慌てると言うより放心状態ですね

「どうしよう」

・・・・・・・・・・・我に戻って行動開始です

財布を最後に使った場所と時間が分かるか?

記憶にある「最後に財布を使った場所と時間」を思い出せ!

最後に使った場所はホームセンターでPM1:30頃 すでに3時間経過している
さっそく電話をかけ事情を伝えます

話し自分の立ち寄った場所(売り場・レジ)と時間を伝え、忘れ物が届けられていないか確認してもらう

事情を伝えると再度売り場を確認して連絡をくださるとの事 (恐縮です)

レシートは大切に利用したホームセンターではレシート番号を伝えると防犯カメラの映像を確認できるそうです それにレシートがある事でその時点では財布があった証拠になりました

※ 財布を最後に使った場所と時間が分かるならすぐに連絡すことです

最後に使った場所にもありませんでした 再度自分でも確認に行きましたが、1時間後・・・「財布は見つかりませんでした」の連絡を頂きました

PM5:00
財布に入っているものを思いだせ!

財布を無くしてから3時間30分経過
ホームセンターからの連絡を待っている間に多少の冷静さを取り戻した私は財布の中身を思い出す事にしました

・ 現金6,000円位
・ クレジットカード3枚
・ 銀行キャッシュカード2枚
・ 運転免許証・健康保険証

これやばくないですか
財布の中身は自分の財産と、個人情報だらけです
現金はあきらめもつきますが、その他の物は悪意のある人間に利用されてしまいます

PM5:30
決断

財布を無くしてから4時間経過
ホームセンターで財布を使ったのは確実です レシートがありますからね
会社までの移動はクルマなので道に落とす事はありません
なのにホームセンターにも車にも会社にもない!

決断!
クレジットカード・銀行キャッシュカードの紛失届

クレジットカードの危険性

クレジットカードの危険性は十分承知していたつもりですが、紛失した時にはじめてその恐怖を感じました

クレジットカードならすぐにコンビニやネットショッピングで簡単に利用されてしまいます

「やっちまったな」どうやら財布を無くした様です 最後に使った場所がはっきりしていて、さほど時間経過していないなら立ち寄った場所全てにすぐに連絡を取りましょう これで見つかれば...

銀行キャッシュカードの危険性

銀行キャッシュカードは暗証番号でブロックされているので「少しは安心」と思うのは大間違いです

もしも暗証番号を「誕生日」にしていたら簡単にわかっちゃいますよ
だって財布の中に運転免許証があるじゃないですか
暗証番号は誕生日以外にすべきですね

運転免許証・健康保険証を無くす危険性

実は運転免許証は手元にあったんです これは運が良かったとしか言えませんが、運転免許証・健康保険証は個人情報の固まりです

一緒に無くした銀行キャッシュカードの暗証番号が「誕生日」にしてあったらすぐにばれてしまいます

また健康保険証ではキャッシングされる危険性もありますね

【実録】財布を無くした まとめ

普段無造作に財布に入っているクレジットカードや運転免許証・銀行キャッシュカードは財産や個人情報そのものです

特にクレジットカードは暗証番号を必要としない店が多く簡単に利用されてしまいますから、即座に機能停止させなければなりません

今回は財布を無くした場所が特定できたのに見つからなかった事を考えると、持ち逃げされたと考えるべきでしょう

「明日になれば出て来る」なんて気楽な事は言ってられません

即刻クレジットカード・銀行キャッシュカードの紛失届をしました

財布を無くした事に気付いて時間が経っていない場合は最後に財布を使った記憶がある場所から現在でに立ち寄った場所に連絡する事から始めましょう

皆さんは私の様なドジを踏まないようにしてください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする