財布を無くして銀行キャッシュカードを紛失! 【支払停止処置】と【再発行の手続き】についてご紹介します

シェアする

財布を無くすと財布ではなくその中身が肝心要です
財布の中には現金の他にクレジットカードや免許証など大切な物が入っていますからね

その中の一つ、皆さんも【銀行キャッシュカード】が入ってますよね

銀行キャッシュカードがないと取引を窓口で行わないとなりませんし、銀行に行けない時でもコンビニなどで取引が出来るので紛失した場合は再発行するのが当然です

銀行キャッシュカードの紛失

キャッシュカードを紛失した時は、不正利用や悪用されることを防ぐ事を優先しなければなりません まず取引銀行に電話をして紛失した事を伝えます
そうすればキャッシュカードを使った取引(支払い)が出来なくなる【支払停止措置】を行う事が出来ます

銀行のコールセンターに連絡

コールセンターの電話番号はキャッシュカードの裏面にありますが、そのカードを無くしたわけで、結局スマホの音声検索で電話番号を調べます

「○○銀行 コールセンター 紛失」で検索するとすぐに見つかりましたよ
銀行のコールセンターもクレジットカードと同じ【24時間年中無休】です

「やっちまったな」どうやら財布を無くした様です 最後に使った場所がはっきりしていて、さほど時間経過していないなら立ち寄った場所全てにすぐに連絡を取りましょう これで見つかれば...

取引銀行のコールセンターではまず、音声案内に従って番号を入力するとオペレーターに繋がります

コールセンターとの電話のやり取り内容

コールセンターとの会話の内容は本人確認から始まり⇩⇩の様なやり取りです

 キャッシュカードを紛失しました

 キャッシュカード(口座)をお作りになった支店名はお分かりですか

 ○○支店と△△支店です

 口座の確認をします 氏名・生年月日・住所・連絡先・・・
おおよその最終取引はいつ頃ですか 

 口座の確認をいたします
電話を切らずにお待ち下さい

その後、各支店の口座が確認され【支払停止措置】に同意すれば手続きは完了です  銀行のコールセンターでの手続きはここまでです

POINT カードが見つかった支払停止措置を取った後にカードが見つかった時は、【発見届】を銀行に提出して【支払停止措置を解除】してもらいます

見つかるかもしれないと待ち続けるのは自由ですが、どちらにしろ【発見届】を提出する為に銀行に行かなければなりませんし、自分が不自由になるので再発行手続きに入ります

銀行キャッシュカード 再発行

クレジットカードを紛失した場合は再発行と言うよりは新規申し込みと同じで、カード番号が変わってしまいますが、銀行キャッシュカードは再発行しても「口座番号」は変わりません

公共料金や電話代など口座振替にしているものには影響が出ません
紛失したキャッシュカードが使えなくなるわけですね

クレジットカードの時はその場で再発行手続きも完了しますが、銀行キャッシュカードは各支店に行って手続きをします

私の場合は○○支店と△△支店の2か所に行く事になります チョット面倒!

再発行に必要な物

・通帳
・届出印
・本人確認書類(免許証・住民票など)
・再発行手数料 1枚1,080円  (私の場合は2枚、2,160円になります)

POINT 本人確認書類について本人確認書類には免許証が一般的ですが財布を無くした時に一緒に免許証を紛失した場合は住民票などを準備する必要があります

【支払停止処置】と再発行の手続き まとめ

銀行キャッシュカードを紛失したらまず【支払停止措置】の手続きをします

取引されている銀行コールセンターの電話番号はスマホに登録しておくと良いかもしれません 今回私も登録しておきました

【支払停止処置】はコールセンターですぐに手続きが出来ますが、キャッシュカードの再発行は各支店に行っての手続きが必要です

銀行キャッシュカードの場合は時間も手間もお金もかかるという事です

そもそも財布を無くさなければ良い訳ですが、クレジットカードと銀行のキャッシュカードを別々に保管したり、免許証を分けたりしたら忘れ物が増えそうですね

財布を無くさない良い方法はないでしょうか・・・

生まれて初めて財布を無くして、銀行キャッシュカードを紛失した時のお話をご紹介しました 「キャッシュカードを無くすとこんな手続きが必要なんだ」と参考になれば幸いです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする