アルカリ電池、マンガン電池「どっちでもいいじゃん」がトラブル(液漏れ・腐食)のもと

シェアする

テレビやエアコンのリモコン、電卓、時計(壁掛け、目覚まし)、台所のガスコンロなど身近な所で電池はたくさん使われています

今紹介した製品の電池を交換する時は、「アルカリ電池よりマンガン電池がおすすめ」ってご存知でしたか?

特にテレビやエアコンのリモコンには、マンガン電池で十分、いやいや、かえって おすすめ みたいです
sorami
sorami

おすすめする理由は、「マンガン電池はアルカリ電池よりもお安いので、指定がなければマンガン電池を使った方がお得になる」と言うだけですけどね

sorami
sorami
なんだ!それだけかよ
それならどっちでもいいじゃん!

と思った皆さん、もう少しお付き合いくださいね。その「どっちでもいいじゃん!!」が、もしかすると液漏れや腐食の原因かもしれませんよ

スポンサーリンク

アルカリ電池・マンガン電池の特徴

電池を買う時の決めては「値段」と言う方がほとんどでしょう。私も「同じ値段ならいっぱい入っていた方がいい」と思いますが、アルカリ電池とマンガン電池は外見は同じでも電解液や材料の分量、仕組みの違いで、それぞれにあった使い道(機器)があるようです

アルカリ電池

ゲーム機やLEDを使った懐中電灯などたくさん電流を使う機器にはパワフルなアルカリ電池が向いています

マンガン電池

リモコンのように連続して使わないものや時計など小さな電流ですむものは、マンガン電池が向いています

子供が小さい頃、ゲーム機にマンガン電池を使っているとすぐに電池が無くなったのはその為だったのかもしれませんね
sorami
sorami

スポンサーリンク

マンガン電池からアルカリ電池へ

アルカリ電池の方がパワフルで長持ちするので、電気をたくさん使う最近の機器はほとんどアルカリ電池指定になっていると思います

sorami
sorami
逆に、マンガン電池指定!なんて見た事ないですよね

実際にマンガン電池は生産が終っているものが多く、マンガン電池からアルカリ電池へ移行したと言えますが、まだまだマンガン電池も販売されています

それが電池トラブルの原因だと思います

❒ 電池を使う機器がアルカリ電池指定か知らない、気にしない
❒ 選ぶ基準は価格だけ!

私はそうでしたが、皆さんは・・
sorami
sorami

複数の時は同じものを使う

電池1本なら指定がなければアルカリ電池でもマンガン電池でも構わないと思いますが、複数の電池を使う時はマンガン電池とアルカリ電池を混同して使ったり、違う種類の電池を使うと、発熱、液漏れ、破裂の原因になるそうですよ

アルカリ電池とマンガン電池の特徴のところで「電解液」に触れましたが、マンガン乾電池では、塩化亜鉛か塩化アンモニウム、アルカリ乾電池では、水酸化カリウムが使われているそうです。内部の構造にも違いがあって「同じように見えても全くの別物」なんですね

必ず同じ電池を使いましょう

液漏れが心配

マンガン電池を使う理由に「アルカリ電池は液漏れが心配」と言う方がいらっしゃいます。アルカリ電池が出始めたころは確かに「液漏れ」が多かったお思います

最近では改良が進んで「液漏れは」少なくなりましたが、気になる方は「液もれ防止製法」を採用したアルカリ電池がありますよ

単3形はこちら ➟ パナソニック アルカリ乾電池 単3形

パナソニックの通称「金パナ」は性能のバラつきが非常に少ないと評判のアルカリ乾電池です。もちろん液漏れ防止製法を採用しています
sorami
sorami

スポンサーリンク

アルカリ電池、マンガン電池 まとめ

テレビやエアコンのリモコンはマンガン電池で十分なのは間違いありませんが、今はアルカリ電池が主流になっています。あえてマンガン電池を使う必要はありませんね

液漏れが心配だったのも昔の話で液漏れ防止製法を採用しているアルカリ電池も沢山あります

乾電池はとても重要なものなのにあまりにも無関心だったと思います

液漏れや腐食は、「アルカリ電池、マンガン電池、どっちでもいいじゃん」と言う使い方が原因なのかもしれませんね



スポンサーリンク

シェアする

フォローする