公衆無線LAN スマホで「コンビニ Free Wi-Fi」を利用する時に必要な心構えとセキュリティ対策  

シェアする

駅や空港などの公共施設、カフェやファミレスなど商業施設で通信料を気にせずネットにつながる公衆無線LAN(一般的にはFree Wi-Fi)を利用する時には、心構えと利用者の情報漏洩・覗き見などを防ぐ為の「セキュリティ対策」が必要です

今回は最も身近なコンビニのFree Wi-Fiを例にして話を進めて行きますが、その他の公衆無線LAN全体に関わるのでぜひ参考にして下さい

スポンサーリンク

コンビニ大手3社のFree Wi-Fi

コンビニ大手3社「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」には来店客用に公衆無線LANサービスが用意されています

それぞれの店舗でWi-Fi受信中に簡単な手続きをすれば利用できます

セブンイレブン
「7spot」       接続時のSSIDは、「7SPOT」

ローソン
「LAWSON Free Wi-Fi」 接続時のSSIDは、「LAWSON_Free_Wi-Fi」

ファミリーマート
「FamilyMart Wi-Fi」   接続時のSSIDは、「Famima_Wi-Fi」

sorami
sorami
よく利用するコンビニのFree Wi-Fiを登録してくださいね

スポンサーリンク

コンビニFree Wi-Fiの共通点と心構え

利用する側の心構えとして、コンビニに限らず公衆Wi-Fiは同じ電波を他人と共有しているにも拘らず、暗号化されておらずセキュリティ対策がなされていないことを覚えておきましょう

スマホで確認

スマホでWi-Fiのセキュリティー状態を確認してみました。セキュリティ対策がある場合はに鍵マークがついています

ご覧の通り「7spot」と「LAWSON Free Wi-Fi」には鍵マークがありませんね

Free Wi-Fi利用時のセキュリティ対策

 セキュリティ対策がない場合は個人情報などの送受信は危険です。特に住所・氏名、クレジットカード、銀行口座に関する内容の送受信はFree Wi-Fiを利用しないことです

 Free Wi-Fiでサイトを閲覧する時は、「https://」や、鍵マークがあるサイトを利用しましょう。Wi-Fi以前にサイト自体が暗号化されています

スポンサーリンク

タウンWiFi by GMO

ここまでの説明でFree Wi-Fiは手軽で便利な一方、セキュリティ対策が必要な事がお分かり頂けたと思いますが、セキュリティ対策にもなる無料のFree Wi-Fi自動接続アプリ「タウンWiFi」をご紹介します

タウンWiFiを利用すれば、それぞれに会員登録が必要となるWi-Fiスポットでも、登録なしでWi-Fiに接続することができます。例えばAndroidの場合、位置情報と性別・生年月日、利用規約に同意するだけです

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
開発元:TownWiFi Inc.
無料
posted withアプリーチ

タウンWiFiを利用すると通信がVPN接続になりデータが暗号化されます。AndroidとiPhoneででVPN接続を有効にする設定をご説明します

iPhone VPN設定

Android版アプリには、VPN機能が初めから組み込まれていますが、iPhoneはもう一つの「WiFiプロテクト」アプリをダウンロードします

WiFiプロテクト

WiFiプロテクト
開発元:TownWiFi Inc.
無料
posted withアプリーチ

iPhoneはWiFiプロテクトアプリを起動後に画面に従って設定してください。「通知の送信」「VPN構成の追加」は許可し、iPhoneのパスコードを入力します

最後に「公衆WiFi接続時に自動的に保護」をオンにすれば終了です

Android VPN設定

Android版はアプリ内の設定を有効にすることでVPN接続が可能になります

タウンWi-Fiアプリを開き右上のをタップして「WiFi通信の保護」をオンにすれば完了です

公衆無線LAN まとめ

公衆無線LAN(Free Wi-Fi)は今でも増え続けています。しかしそのほとんどがセキュリティ対策はされていないのが現状です

しかし細心の注意を払いながら利用すれば、これほど便利なものはありません。安全を確認しながら上手に利用しましょう

それではまた・・・

関連記事

【d Wi-Fi】 ドコモの公衆Wi-Fi(無線LAN)サービスの6つの魅力・利用条件について



シェアする

フォローする