「血圧計 上腕式」とネットで検索すると必ず人気上位に紹介されるオムロン血圧計の違い  

シェアする

お医者さんに言われて血圧計を買うんですが・・・

そう!健康診断で引っかかちゃいました とりあえず経過観察という事で「血圧計を準備して記録を取れ」との事です

どんな血圧計が良いか先生に聞くと「安くても良いから・・・」

唯一の条件は「上腕式が良い!」

なのでAmazonで「血圧計 上腕式」と検索してみました

Amazonで検索 「血圧計 上腕式」

スポンサーリンク

オムロンの血圧計

情報について   2019/6/27現在の情報をもとにしています

検索すると上位に並んでいるのはオムロンの血圧計が多いです

オムロンと言えばヘルスケア機器のほか制御機器や電子部品、車載電装部品を扱う一流メーカーなので安心感がありますが、同じような形なのによく見てみると「型番」がみんな違います

HEM-7111、7130 、7131 価格もバラバラでいったい何が違うんでしょう

それぞれの違いを調べてみました

購入予算

今回の予算は5,000円前後です

先生は「安いのでいいから・・・」と言っていましたからね

紹介した型番の血圧計は全て予算以内に収まります

唯一の条件

そしてもう一つの条件は「上腕式」でしたね

血圧計は上腕(肘から肩の間)で測るタイプと手首で測るタイプがあります

かかりつけの先生に聞いた 血圧計を購入する前に知っておくと良い 血圧計3種類の特徴 

  血圧は心臓から近い位置で測ると正確に測れるそうですよ

手首式は小型で持ち運びが簡単なので外出先などで測るには便利です 血圧を測る場所や目的に合わせた血圧計を選ぶのが大切なんだね

スポンサーリンク

HEM-7111・7130 ・7131の違い

型式 HEM-7111

HEM-7130

HEM-7131

種別 上腕式
<腕帯巻きつけタイプ>
上腕式
<腕帯巻きつけタイプ>
上腕式
<腕帯巻きつけタイプ>
外形寸法 幅104× 高さ64× 奥行き128mm 幅107×高さ79×奥行き141mm 幅107×高さ79×奥行き141mm
メモリ機能 30回分 60回分 60回分
腕帯 軟性腕帯 軟性腕帯 軟性腕帯
カフぴったり巻きチェック ×
電源 乾電池(ACアダプター別) 乾電池(ACアダプター別) 乾電池(ACアダプター別)
メーカー販売終了 メーカー在庫のみ メーカー販売終了

気になる性能1 メモリ機能

血圧を毎日測って記録する事が必要な私は「メモリ機能」に注目しました

HEM-7111は30回分、その他は60回分のメモリ機能があります

気になる性能2 カフぴったり巻きチェック

正確な血圧を測るには腕帯(カフ)を正しく腕に巻かなければなりません

カフが正しく巻けたかを確認できる《カフぴったり巻きチェック》は必要!

気になる? 外形寸法

最も外形寸法が小さいのはHEM-7111です

持ち運びを考えれば外形寸法は小さい方が良いでしょう

電池寿命の目安

電池寿命の目安は全ての機種で300回になっています
お試し用電池 (単3形アルカリ乾電池4個)が付属品として付いてきますが、私は「朝晩2回測れ」と言われていますので5ヵ月もちませんね

電池切れを考えれば別売りのACアダプター使った方が安心ですね

(ACアダプターは別売り)
Punasi PSE認証 オムロン 電子血圧計 対応 ACアダプタ

メーカー販売終了/在庫のみ

HEM-7130とHEM-7131は性能的には変わりはありません

HEM-7130はメーカー在庫のみHEM-7131は既にメーカー販売は終了しています

最もシンプルなHEM-7111もメーカー販売は終了していますね

要するに、今販売されているのは「市場在庫」なので無くなり次第終了という事です

オムロン血圧計 おしまいに

オムロンはヘルスケア機器では有名です

紹介した機種もメーカー販売終了/在庫のみの言わば「型遅れ商品」とは言え血圧計に必要な性能や信用性があります

毎日の血圧測定には十分ですね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする