お弁当に【ミニトマト】を入れるなら食中毒に気をつけよう!

シェアする

梅雨時期や夏場(6月から9月ごろ)は細菌による食中毒 が多くなる季節です

食中毒は、腹痛、発熱、はきけなどの症状があり、特に「げり」をすると脱水症状になりやすく熱中症の危険も増えるし、まれに命にかかわることもあるとても怖い病気です

細菌による食中毒 は 職場や学校、休日のレジャーなどに持って行くお弁当からかかることもあります。なかでも彩やおかずの隙間などを埋める生野菜、特に【ミニトマト】が原因になることも・・・

ミニトマトをお弁当に入れるなら食中毒にならないように気をつけましょう

sorami
sorami

気をつけるポイントは水分と温度です
今回は、集団(学校・高齢者施設)給食調理師だった sorami が、ご説明します ( ´艸`)

スポンサーリンク

食中毒を起こす身近にある細菌

食中毒の原因菌は特別な細菌ではなくて、人や動物の皮膚などの身近に存在しています。どんな細菌が食中毒を起こすのかと言うと、腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・カンピロバクター・黄色ブドウ球菌・大腸菌 などの細菌です

生野菜には、カンピロバクター・大腸菌 が付いている可能性があります

また、これらの細菌は梅雨時期や夏場の高温多湿になる時期に増殖しやすく食中毒の原因になります。特に7月~9月がピークです

食中毒を起こす細菌は水分があり 30℃~40℃ の温度で増殖します
sorami
sorami

梅雨時期や夏場は細菌が増殖しやすい気温になっていますね。細菌の増殖を防ぐ方法の一つは保冷剤を使ってお弁当の温度を上げない事です

スポンサーリンク

「生野菜」はしっかり水洗い

もし、お弁当に入れた 生野菜(キュウリ・レタス・ミニトマト) に食中毒の原因菌がついていたら生きたままお弁当に入って、さらに増殖してしまいます

まずは、お弁当に食中毒の原因菌を入れない事が大切です

sorami
sorami
先ほどお伝えしたように、梅雨時期や夏場の弁当は細菌が増殖しやすい条件(水分・温度)が揃っていますからね

生野菜に付いてる細菌を取り除く方法はしっかり水洗いすることです

キュウリは少量の塩をまぶして軽く擦った後に水で流したり、柔らかいタワシで洗う事もあります

レタスなどの葉物は一枚一枚葉をちぎって洗います

POINTお弁当に入れる野菜は、しっかり水洗いしてキッチンペーパーなどで水分を良く拭き取りましょう

ミニトマトは特に注意が必要

ミニトマトの「ヘタ」を付けたままお弁当に入れと見た目が凄く良くなりますが、「ヘタ」には細菌が付いていることが多く、簡単な水洗いでは良く取れないことがあります

水洗いしても細菌が残りやすいミニトマトの「ヘタ」は必ず取りましょう

POINT

 ミニトマトの「ヘタ」は必ず取りましょう
それと、切ったりしてもいけません。傷みが早くなり、水分が出て細菌の増殖につながります

sorami
sorami
果物、特に「イチゴ」を入れる時も同じですよ

お弁当に【ミニトマト】まとめ

ミニトマトは彩も良く、栄養もあるとても美味しい野菜ですが、お弁当に入れる時は注意しないと食中毒を起こす原因になってしまいます

ミニトマトは「ヘタ」を取りしっかり水洗いして水分を拭き取ってからお弁当に入れましょう



スポンサーリンク

シェアする

フォローする