食中毒に気をつけよう!お弁当にミニトマト

シェアする

ミニトマトはお弁当に良く使う食材です。「ヘタ」が付いていると赤や黄色にヘタの緑が加わりとても色鮮やかですね。また、ヘタがあるとつまんで食べやすいので付けたままにしておく方もいらっしゃるでしょう

ですが「ヘタ」は、食中毒を引き起こす細菌が一番潜んでいる場所なんですよ

今回は【ミニトマト】をお弁当に入れる時の食中毒防止についてです

スポンサーリンク

食中毒が多い時期と症状

梅雨時期や夏場(6月から9月ごろ)、ミニトマトをはじめ夏(生)野菜が美味しい時が細菌による食中毒 が多い時期です

食中毒は、腹痛・発熱・はきけなどの症状があり、特に「下痢」は脱水症状にもなり熱中症を起こす危険も増え、時に命に係わることもあるとても怖い病気です

食中毒を起こす身近な細菌

食中毒の原因菌は特別な細菌ではなくて、人や動物の皮膚などの身近に存在しています。どんな細菌が食中毒を起こすのかと言うと、腸炎ビブリオ菌・サルモネラ菌・カンピロバクター・黄色ブドウ球菌・大腸菌 などです

特にミニトマトは、カンピロバクター・大腸菌 が付着している可能性が大きく、お弁当の中で菌が繁殖・増殖したミニトマトを食べると「食中毒」を起こしてしまいます

スポンサーリンク

細菌が繁殖・増殖しやすい温度

細菌は、人の体温と同じ30℃~40℃が最も繁殖・増殖しやすい温度で、10℃以下もしくは60℃以上ではほとんどの菌は増殖しません

梅雨の時期や夏場(6月~9月)は高温多湿になり、お弁当も冷めにくく細菌が繁殖・増殖しやすい環境が長く続いてしまいます。それに加えてお弁当は、「水分・栄養分」など細菌が繫殖・増殖しやすい環境が整っているのです

なかでも加熱しないミニトマトをはじめ生野菜は、生きた細菌がそのままお弁当に入り込んでしまいます

sorami
sorami
菌の繫殖・増殖を防ぐにはどうすればよいのでしょう?

ミニトマトはしっかり水洗い

ミニトマトで細菌が最も付着している「ヘタ」を取り除きしっかり水洗いすることで、お弁当の中に食中毒の原因菌が入る事を防ぐ事が出来ます

POINT・ミニトマトは「ヘタ」を取ってからしっかり水洗い
・キッチンペーパーなどで水分を良く拭き取る

ミニトマトの「ヘタ」付をお弁当に入れると見た目が凄く良くなりますが、「ヘタ」には細菌が付いていることが多く、簡単な水洗いでは良く取れないことがあります

ミニトマトの「ヘタ」は必ず取りましょう
それと、切ったりしてもいけません。傷みが早くなり、水分が出て細菌の増殖につながりますよ

その他 お弁当に使う生野菜

ミニトマト以外でお弁当に使う生野菜も注意が必要です。

  • キュウリは少量の塩をまぶして軽く擦った後に水で流したり、柔らかいタワシで洗う
  • レタスなどの葉物は一枚一枚葉をちぎって洗う
  • 果物、特にイチゴも「ヘタ」を取る

お弁当に【ミニトマト】まとめ

ミニトマトは彩も良く、栄養もあるとても美味しい野菜ですが、お弁当に入れる時は注意しないと食中毒を起こす原因になってしまいます

ミニトマトは「ヘタ」を取ってからしっかり水洗いして十分水分を拭き取ってからお弁当に入れましょう

水洗いだけではまだ心配な方に、食品用アルコール除菌フードキーパー 300mlをご紹介します

それではまた・・・
おすすめ記事



シェアする

フォローする