今が旬!新玉ねぎの健康効果 栄養を無駄にしない簡単料理

シェアする

玉ねぎは毎日の食事に欠かせない食材のひとつですね

とくに新玉ねぎは、普通の玉ねぎより辛味が少なく子供も食べやすいのが特徴です 含まれる成分も健康によい栄養成分がいっぱいです

今回は玉ねぎの栄養成分とそれを無駄にしない料理をご紹介します

スポンサーリンク

新玉ねぎの健康効果

結論は新玉ねぎは生で食べても過熱しても体に大切な栄養成分が摂れるという事です

注目する成分は『ケルセチン』と『硫化アリル』で、素晴らしい健康効果がありますがケルセチンは熱に強く硫化アリルは熱に弱い栄養素です また硫化アリルは水溶性ですが、ケルセチンは水に溶けにくく、油に溶けやすい性質です 上手くいかないものですね

ケルセチン 脂肪燃焼効果

動脈硬化の予防 やダイエット効果 ・アレルギー緩和 に効果があります
ケルセチンはポリフェノールの一種で、脂肪燃焼効果もあります。

ケルセチンは熱に強く、油に溶ける事から「炒め物やスープ」がおススメです

硫化アリル 血液サラサラ効果

動脈硬化の原因となる血栓やコレステロールの代謝を促進して、血栓が出来にくくなる作用や疲労回復にも効果があります

硫化アリルは熱に弱く、水に溶ける(水溶性)です 「サラダやマリネ」がおススメです

スポンサーリンク

新玉ねぎ 簡単レシピ

ケルセチン 脂肪燃焼効果 超簡単なレシピをご紹介します

丸ごと1個 蒸し玉ねぎ

【 材料 】2人分

1 新玉ねぎ     2個
2 麺つゆ     適量
3 かつお節    適量
4 一味//七味      適量

【 作り方 】

 外の薄皮をきれいに剥き ヘタを落とします

 食べやすい様に下になるほうに4等分の切込みを入れます 1/3位

 皿に新玉ねぎを並べラップをしてください

 レンジ(600W)で6~8分加熱します 注意 剝がす時蒸気に注意

 玉ねぎから水分が出ますので麺つゆと合せて味を調えてください

 玉ねぎにかつお節をのせ、先ほどの麺つゆを上からかけてお好みで一味や七味をかけてください

レンジによって性能が違いますので様子を見ながら加熱してください
調理は以上です 簡単でしょう

新玉ねぎのサーモンカルパッチョ

硫化アリル 血液サラサラ効果がUPするレシピ

【 材料 】2~4人分

1 新玉ねぎ           2個
2 サーモン(刺身用)  1パック
3 かいわれ大根や大葉 色どり適量

カルパッチョソース
4 オリーブオイル  大さじ3
5 ワインビネガー  大さじ4
6 粒マスタード   小さじ2
7 砂糖       小さじ1/2
8 s塩・黒コショウ   適量

【 作り方 】

 玉ねぎは集めのスライスにカットします

 サーモンは1切れを2~3にカットします

 カルパッチョソースの材料を混ぜます

 サーモンと玉ねぎを軽く合わせ皿に盛ります ソースをかけて出来上がりです

玉ねぎをスライスした後に流水をかけ過ぎないでください 硫化アリルが水で流れてしまいます せっかくの栄養分がもったいないですよ

新玉ねぎの健康効果 まとめ

春先に出回る「新玉ねぎ」栄養価はいつもの玉ねぎと変わりませんが、辛みが少なくシャッキとした歯ごたえが魅力です 辛みが少ないのでお子さんにも喜ばれますよ

ケルセチン 脂肪燃焼効果 硫化アリル 血液サラサラ効果など健康効果や美容効果が期待できる新玉ねぎを沢山食べましょう

最後まで、おつきあい頂きありがとうございます

スポンサーリンク

シェアする

フォローする