【バジルの育て方】はとっても簡単!収穫してバジルマーガリンを作るために今年も植えてみた

シェアする

バジル

突然ですが、

「知っているハーブは?」と聞かれたら「バジル」を一番に思いつく方が多いのではないでしょうか?

バジルはピザやパスタどイタリア料理に欠かせないハーブです

またバジルの香りに含まれている「シネオール」は、蚊が嫌う成分で防虫対策も期待できます

sorami
sorami
食用・観賞用どちらにしても日本人が大好きなハーブですね

育て方も簡単でグングン育ちます。収穫した葉っぱで【バジルマーガリン】を作るために今年も植えてみました

バジル

バジルに限らずハーブ(herb)は、観賞用・食用どちらが目的かは人それぞれですが、育てている間もとても楽しいものです

早速ですが、バジル苗の植え付けはこの時期(5月~6月)がBEST! 育ててみたい方は急いでください(お住まいの地域によって差はあります)

スポンサーリンク

バジルの有効成分とその働き

ハーブに含まれる成分には昔から人に良い働きがあると言われています。バジルにはβカロテンなど、抗酸化作用が強い成分が含まれていて老化防止やリラックス効果があると言われ、その他にも食欲・消化促進効果や抗がん作用もあるとか・・・

バジルの爽やかな香り成分「シオネール」は、窓辺に置いておくだけで蚊除けにもなります

スポンサーリンク

簡単 バジルの育て方・増やし方

バジルの育て方で注意す点はたった2つ

  • 日当り、風通しの良いところ
  • 土が乾いたらたっぷりと水やり

バジルは陽当りの良い場所が大好きで、乾燥に弱い植物です。鉢やプランターで育てる時は水やりに注意してください

加えて鉢やプランターで育てる時は有機質の高い培養土かハーブ用の土の使用をおすすめします

収穫・摘芯とは

草丈が20㎝ほどになったら収穫しても大丈夫です。もっとたくさん収穫したい時は「摘芯」をして脇芽を増やしましょう

摘芯のやり方摘芯は地面から2~3節目の上の部分をハサミや手で摘み取ります。摘み取った部分は料理に使ったり、水を入れたコップに入れておくと根が出てきて株分けすることもできます

バジルは花を咲かせ実を付けると、葉っぱは硬くなり成長が止まってしまいます。「摘芯」すれば花芽が無くなり次の花を咲かせるためにまた成長するわけです

とにかくバジルはどんどん増えるので「使い切れない!」と言うこともあります。そんな時は長期保存する方法があるので参考にして下さい

バジルはインドや地中海沿岸が原産地と言われる多年草ですが、日本では一年草として扱われています 育てやすくベランダ菜園でも人気がありますが、作り過ぎちゃいませんか? と言うより育ちすぎると言うべきですね でも捨てるのはもったいない!

スポンサーリンク

バジルマーガリン

バジルはそのままでも調理しても美味しいですよ

そこでおすすめするのが【バジルマーガリン】

バジルマーガリンはフレッシュ(生)バジルと乾燥バジルのどちらでも作る事が出来ますが、爽やかな香りを楽しむならフレッシュバジルがおすすめです

作り方は簡単! 摘み取ったバジルの葉を刻んで市販のマーガリンと混ぜるだけです。トーストやスパゲッティ、肉料理・ジャガイモ料理など何でも使えるのでお試しあれ

バジルマーガリンの作り方

フレッシュバジルを使うと1週間ほど日持ちします。使用量を考えて作りましょう。今回は100g(市販されているマーガリン1/4強)でご紹介します

《バジルマーガリンの作り方》

 バジルの葉を水洗い(5~6枚) ➟ 水分をふき取る

 包丁やプロセッサーで細かく刻む

 マーガリンをそのまま保存できる混ぜやすい容器に入れる

 バジルを入れて良く混ぜる

マーガリンが硬く混ぜにくい時はレンジで温めると良いですよ。ただし溶け切らないように600wで10秒を目安にして下さい

バジルの量はお好みで加減して下さいね

スポンサーリンク

まとめ 【バジルの育て方】

バジルは誰でも育てられる身近なハーブです。地植えはもちろんベランダでプランター・鉢植えでも育てられます

収穫した葉っぱはそのままでも料理しても美味しく食べられるので、育ててる間も育てた後も楽しみが多く初めての方でも育てらすいハーブです

是非チャレンジしてください。それではまた・・・



シェアする

フォローする