メダカ ビオトープに使うテラコッタ(鉢)の底穴とヒビをふさぐ

シェアする

メダカ ビオトープには水連鉢を使うのが良いそうですが
いただいた “ テラコッタ (鉢)” がある事を思い出しました

飾りタイルが気に入っている幅40㎝×高さ18㎝、容量約19ℓのテラコッタです

sorami
sorami
初めはハーブの寄せ植えに使おうと思っていましたが
これ、メダカ ビオトープに使えないかなぁ~

メダカを飼うので水漏れは “ 厳禁 ” ですが
よく見ると大きなヒビが2か所あるし
何より、直径3cmほどの不恰好な底穴が一番の問題です

sorami
sorami
でも、あきらめませんよ

今回はテラコッタの底穴とヒビをふさいでみます

スポンサーリンク

テラコッタの特徴

直感で「このテラコッタでメダカを飼う」と決めましたが
テラコッタの特徴は吸水性・排水性・通気性が良ので
乾燥に強いハーブなどを育てるのに適したガーデニングで使う素焼きの鉢です

土にしみこんだ水分は鉢の表面からも蒸発してしまいます

底穴やヒビ以前に「メダカ ビオトープ」に向いてるのか?
と言う不安を感じながら続行しますよ
sorami
sorami

スポンサーリンク

底穴とヒビをふさぐ作戦

sorami
sorami
まずは敵!
いやいやテラコッタの情報収集から始めます

底穴は 直径3㎝、深さ2㎝弱、周りの表面はザラザラで
穴の縁はささくれの様になっています

ヒビは 内側の縁から底にかけて15㎝ほどの大きなヒビが2か所
外側にも同じようなヒビが入っています

それ以外の損傷は確認できませんでした

底穴とヒビをふさぐのに使う物

今回の作戦に使うのは上の写真通りです
その他サンドペーパーやカッターなど
使えそうな道具を総動員しました
sorami
sorami

底穴とヒビをふさぐ作戦開始

1⃣ 底穴の縁、ささくれ立った部分をサンドペーパーで平らにして
パテを塗りやすくする

2⃣ 底穴より少し大きめの発泡スチロールを底穴に詰め込む

sorami
sorami
パテだけで埋めると乾燥後の収縮が気になったので
発泡スチロールの弾力で底穴に密着させる事にしました

3⃣ 底穴とパテの接触面が多くなるように、
5㎜ほど底穴に押し込んだ発泡スチロールの上に被せるようにパテを塗る

4⃣ 底穴の外側もパテ埋めする

底穴とヒビの外側もパテ埋めして
最終的に完成したのがコチラです

底穴とヒビをふさぐ 中間まとめ

ここまでにかかった時間は30分程ですが
余分についたパテは24時間以上よく乾燥させてから
サンドペーパーやカッターなどで削る調えます

と、パテの使用法にも書いてありました
よって、底穴とヒビをふさぐ作戦は継続中です
sorami
sorami

6時間後に様子を見ると…

6時間くらい経ったところで様子を見ると
パテを厚く塗った部分に異変が起こりました

指でヒビ割れの部分を触ってみると
まだフニャフニャしています

sorami
sorami
乾いていない!今、上塗りしても意味が無い
完全に乾くまで、ここはじっと我慢です
しかし、このヒビはどうすれば良いのか?

POINT 正しいパテの塗り方

このヒビ割れは底穴の凹ませた部分に
一度にパテを塗ってしまったのが原因で
「使用法」に、ちゃんと書いてありました

対処法は乾燥後にひび割れの部分にパテを絞り出し
平らにするわけですね

皆さん、取扱説明書はしっかり読みましょう
sorami
sorami

24時間後に様子を見ると…

24時間後には完全に乾燥していたので
早速、ヒビ割れの部分に数回に分けて、塗る・乾燥の繰り返しを行い
ヒビ割れを修復しました

底穴とヒビをふさぐ作戦
最終段階

これで底穴とヒビをふさぐ作戦は終了です

sorami
sorami
今回は余分なパテを
サンドペーパーやカッターで整形するのはやめました
自分で修理した初めての作品ですからね

後は実際に水を入れて、次の休日まで放置して
漏れが無いか確認するだけです

水漏れがなければ「メダカ ビオトープ」を作り始めますよ

最後までお読みいただきありがとうございました

ベランダでメダカを飼いたいと思い立って始めた
メダカ ビオトープ作りですが、完成目指して
頑張ってみますね

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする