自動車保険を節約!私が利用した自動車保険一括見積サイト【保険の窓口インズウェブ】の新規加入見積りの手順

シェアする

今までは「代理店型」と呼ばれる自動車保険に加入していましたが、免許を取った子供に私の保険を丸投げしました。だって初心者が新しく保険に加入すると、保険料はすっごく高いですからね

おかげで私は無保険になっちゃうわけです

保険を丸投げ(被保険者変更)した時の記事

自動車保険は任意とは言え加入するのが当然ですが、新たに申し込みをすると保険料は、めちゃくちゃに高い事はご存知ですね クルマの免許を取ったばかりの子供の保険料はいくらになるのか一...

子供は無事に保険に加入する事が出来ましたが、問題は私!

同じ代理店で見積りを取ったのですが、今までより月額2,120円も保険料が上がってしまいます

これは一大事! 小遣いが減額される危機です

そこで、めんどくさがりの私が【自動車保険一括見積サイト】で保険料を安くする事に挑戦してみました

本当に保険料は安くなるのか、入力操作は簡単なのか?

その結果保険料は・・・

年間26,470円 月額約2,205円も自動車保険を節約できました

利用した【自動車保険一括見積サイト】は2つ

今回は【保険の窓口インズウェブ】の入力手順を、実際の入力画面を見ながらご紹介します

保険の窓口インズウェブ




【保険の窓口インズウェブ】の入力手順

保険の窓口インズウェブ のトップページ ⇩⇩⇩ を見てみましょう

出典 保険の窓口 インズウェブ

トップページに行く前に準備する書類

私は新しく保険を申し込む【新規加入の方】になります

準備する書類は【 車検証 】だけですがここでポイント!

今まで加入していた保険の「補償内容」が全部わかりますか?

POINT【 加入していた 保険証券 】も準備しましょう

補償金額・条件が変わると保険料も違ってきます

同じ条件で見積りを取るには加入していた保険証券を見ながら入力します

準備が出来たら【一括見積スタート】

クルマの情報 入力

ここからは私のクルマを使って説明します

初度登録年月・・・平成24(2012)年 2月
メーカー名・・・・ホンダ
車名・・・・・・・フリ-ド
型式・・・・・・・GP3

出典 保険の窓口 インズウェブ

初度登録年月と型式は車検証にか載っています
メーカー名は問題ありませんね

車名はチョット難ありです

私のクルマは正確には「フリードスパイクhybrid」ですが検索しても出てきません

そんな時も【加入していた保険証券】で確認します

以前の保険証には「車名・フリード」で登録してありました 

出典 保険の窓口 インズウェブ

実際に子供に保険を切り替えるのは1週間先だったので、「現在、保険に加入している」を選んでしまいましたが間違いです

新規申し込みは「現在、保険に加入していない」 

出典 保険の窓口 インズウェブ

同じ画面で次の項目も選択します

出典 保険の窓口 インズウェブ

予想される年間走行距離が分からない時は【⇒悩まれている方】で調べます

入力が終ったら【次にすすむ】

ここまでの説明で十分な方は、早速保険の窓口インズウェブ

出典 保険の窓口 インズウェブ

この画面の項目が一番悩んだかもしれません

納車(予定)日って?
一瞬、クルマを購入した人以外は申し込めないのかと思いましたよ

子供のクルマは1週間後が納車予定日だが、私のクルマは7年も前からあるのでとりあえず2番目にチェックを入れました

【ご希望の保険契約開始日】は重要です

私の今までの保険は子供の車の納車日に合わせて契約期間が始まりますので、同時に私は無保険状態になります 保険期間に空白を作りたくないので同じ日に【ご希望の保険契約開始日】を設定します

注意書きにあるように見積りを多く取り検討するには最低1週間は必要です
早め早めの対応が必要ですね

ここまでの入力進行状況は70%です

入力が終ったら【次にすすむ】

ここまでの説明で十分な方は、早速保険の窓口インズウェブ

人の情報 入力

出典 保険の窓口 インズウェブ

この入力画面のPOINTこの画面では「保険契約者との続柄」に注意してください
入力している人(契約者)とクルマを運転する人との関係です
私の場合は入力している本人がクルマを主に運転するので「契約者本人」

ここまでの入力進行状況は70%です

入力が終ったら【次にすすむ】

ここまでの説明で十分な方は、早速保険の窓口インズウェブ

出典 保険の窓口 インズウェブ

この入力画面のPOINTこの画面では「お車の所有者」に注意してください
車検証に載っている「使用者」と保険料を払う人(保険契約者)の関係です

ここまでの入力進行状況は80%です

入力が終ったら【次にすすむ】

ここまでの説明で十分な方は、早速保険の窓口インズウェブ

保険の情報 入力

出典 保険の窓口 インズウェブ

ここからは補償内容の確認になります (注意書に注意してください!)

下記保険金額は推薦、推奨するものではありません

要するに「補償内容は自分で選んでね」という事です

ここで参考になるのが「以前加入していた保険証書」です

今回は以前の保険と同じ補償内容にしたので【車両保険】は「無し」を選びます

その他の補償内容も以前と同じです

次の項目は大変重要です

出典 保険の窓口 インズウェブ

自動ブレーキシステム(AEB)とは【衝突被害軽減ブレーキ】の事で、クルマが障害物を感知して衝突に備える機能です スバルの「アイサイト」が有名ですが、名称は自動車メーカーによって異なります

記名被保険者とその家族(配偶者、同居の親族、別居の未婚の子)が125cc以下のバイクを乗っている場合は考えましょう   私は「いいえ」です

※補償される運転者
(運転者限定特約)

自動車保険で最も重要な項目です

見積りでは「本人のみを補償」から「本人+配偶者を補償」に変更しました

自動車保険に入っても【補償される運転者】以外は対象外になりますので注意が必要です 当然、補償範囲が広がれば保険料も高くなります

自分の車を「補償される運転者」以外に運転させてはいけませんね

出典 保険の窓口 インズウェブ

運転予定者(補償される運転者)に中で最も若い方の年齢です

出典 保険の窓口 インズウェブ

保険を選ぶ際に重視する点は補償内容が今までと同じで保険料を安くするのが目的なので「とにかく価格」を選びました

保険会社や代理店からのアドバイスは「希望しない」

ここまでお入力進行状況は90%です

入力が終ったら【次にすすむ】

ここまで来たらもう大丈夫な方は、早速保険の窓口インズウェブ

入力情報の確認

出典 保険の窓口 インズウェブ

自動車の情報の他に今までに入力した項目の確認になります

確認する項目の中に【保険契約者の情報】があります

自動車保険の見積りはメールで送られてくるので【電子メール(アドレス)】はしっかり確認しましょう

最後に【見積もり請求可能保険会社一覧】が表示されます

私の場合は3社から見積りをとる事が出来ます

出典 保険の窓口 インズウェブ

メールマガジン購読者にはAmazonギフト券が当たるキャンペーンがありますね
不要な場合は  を全て外しましょう

ここまでの入力進行状況は95%です

入力が終ったら【見積りをGET】 

もう大丈夫でしょう、早速保険の窓口インズウェブ

見積もり請求の完了

出典 保険の窓口 インズウェブ

3社のうち2社の見積りはすぐに確認できましたが1社は後になりますね

【お客さまの登録情報】は見積りをじっくり確認したい方や後で試算結果の再確認をする場合に必要なるのできちんと保管しておきましょう

出典 保険の窓口 インズウェブ

すぐに登録したアドレス宛にメールが届きました

保険の窓口インズウェブ

【保険の窓口インズウェブ】まとめ

本当に保険料は安くなるのか、入力操作は簡単なのか?の疑問を見積りをしてみましたが、私は年間26,470円も保険料を節約する事が出来ました

入力操作も練れている方なら大丈夫です

ただ、準備する物や補償内容の選択は事前に知っていないと5分程度では出来ません

時間に余裕をもって手続きをした方が良いですね

自動車保険は同じ保障内容なら「保険料を安く節約したい」とみんな思いますよね

【自動車保険一括見積サイト】は一回の入力で複数の保険会社からの見積りを取る事が出来るので手間と時間を無駄にしません

新しく保険に加入する方は勿論、保険満了期間が近い方も一度利用してみてはいかがですか

スポンサーリンク

シェアする

フォローする