料理・調理関連一覧

美味しい料理や美味しく作る方法など料理に関わるお話をご紹介します

夏のお弁当の盛りつけ方 「ごはんとおかず」をしっかり分けて食中毒予防

日本の夏は食中毒の原因になる細菌が繁殖しやすい気温と湿度が揃う季節です。だから夏のお弁当の盛りつけ方には、ちょっとした工夫が幾つか必要になります 傷みやすい材料、生野菜や果物は我慢したり「混ぜご飯は入れない」と言う気配りも大切ですが、今回は基本中の基本、盛りつけの時に気をつける食中毒予防ポイントをご紹介します

夏は「保温できるお弁当箱(ランチジャー)を使わない」のは何故なのか

ご飯やスープが温かいまま、お昼まで保温できるお弁当箱(ランチジャー)は、外仕事の私にはとてもありがたいですね しかし、梅雨時期や夏は保温できるお弁当箱(ランチジャー)はを使いません それはおかずのふたを開けたらチョッと異臭が、お箸で持つと糸を引く、 何度かこんな経験をしましたから・・・これはお弁当が腐りかけてる証拠 

お弁当に【ミニトマト】を入れるなら食中毒に気をつけよう!

梅雨時期や夏場(6月から9月頃)は細菌による食中毒 が多くなる季節です 食中毒は、腹痛、発熱、はきけなどの症状があり、特に「げり」をすると脱水症状になりやすく熱中症の危険も増えるし、まれに命にかかわることもあるとても怖い病気です 細菌による食中毒は職場や学校、休日のレジャーなどに持って行くお弁当からかかることもあります

「お粥」「雑炊」「おじや」の違いと共通点を、分かりやすく説明

「お粥、雑炊、おじやの違いを分かりやすく説明できますか」と聞かれて “はい” と即答できる方は凄いと思います 私なら「お粥」は風邪などで体調が悪い時に作ってくれるもの、「雑炊」は鍋料理の締め、「おじや」は・・・ あらためて考えると上手く説明できません

日本のピラフは簡単・時短料理だった! 本当の【ピラフ】はどんな料理?

ピラフを作ろうと思ってネットで調べると、レシピが幾らでも見つかりますね。簡単・時短レシピもあって本当に助かります 作り方見て気付いたのは、大きく分けるとフライパンで炒めるか、炊飯器で炊くか の二通りあることです。炒めると炊くでは大違いなのに出来上がりは【ピラフ】なんですよね 本当の【ピラフ】ってどんな料理なんでしょうね

子供のピーマン嫌いの原因と食べやすくする調理の仕方について元料理人からのアドバイス

ピーマン嫌いは小さい頃に食べた味や食感、臭いが忘れられないのが原因です。とくに香りの強いピーマンは食べる以前に、臭いを嗅いだだけで敬遠されてしまいます 子供は食べた事のない物や見慣れない食べ物を出された時は「匂いを嗅ぐ」と言う行動を躊躇せずにします。これは子供の防衛本能だそうですよ

すごく簡単 !一番シンプルなサラダドレッシングの名前と作り方

食料品を買いに行ってサラダドレッシングの種類の多さにはいつも感心します いったい、何十種類あるのやら! しかし、結局サラダドレッシング(salad dressing)は酢と油(植物油)、塩・コショウ、砂糖を混ぜれば出来上がり!これ以上シンプルなサラダドレッシングはありませんよね

毎年、自分で育てたバジルでバジルマヨネーズを作る楽しみ

「バジル」は暑さに強く、日当たりのよい場所を好むので、水切れさえ注意すれば庭先やプランターで簡単に育てられます それにバジルの葉は色々な料理に使えて便利です とくにおススメしたいのは「バジル マヨネーズ」です。スッキリしたバジルの香りがマヨネーズと滅茶苦茶あいます