ガソリン代の支払いは現金とクレジットカードではどちらがお得なるのか 元店長のお話

シェアする

ガソリン価格が最近また上がってきましたね

近所のガソリンスタンドでも毎週のように価格が変動しています

ガソリン代(燃料費)を出来るだけ抑える為にスタンドのロードサイン(価格表示)を気にしている方も多い事でしょう

さて皆さん! ガソリン代の支払いは現金ですか?それともカード?

どちらがお得になるのか 元店長がお話します

ガソリン表示価格の仕組み

ガソリン表示価格には「現金価格(フリー)」「現金会員価格」があり、大体1~2円/㍑の差があります 特売日を設けているガソリンスタンドもあり、その時はさらに値引き販売されますね

でもクレジットカード価格を表示しているガソリンスタンドはほとんどありません なぜだかお分かりですか ガソリンスタンド側の本音は「クレジットカード払いはご遠慮頂きたい」のです

理由は販売代金の入金と元売りへの支払いのタイムラグがある事です
その為にクレジットカード価格は「現金価格(フリー)」と同じもしくは高く設定されているのが普通です
それにこの価格設定は同じ元売り(例 エネオス)でも販売店毎に違うんですよ つまり現金会員価格を見てクレジット払いをすると「高い!」何て事になる訳です

現金払いはその場で値引き

現金会員価格でガソリンを入れるには会員カードを作る必要があります
名前や住所を登録するものや給油機に置かれていて自由に使えるものまで様々です

ですが現金会員カードは発行店舗でしか使えないものがほとんどでしょう

ガソリンスタンドにとって現金会員カードは値引きをしてでも自店舗の現金販売量を確保したいと言う目的なんです しかし利用者にとっては1円でも2円でも安くなる訳ですから利用しない手はありませんよね

決まったスタンドでしか給油しない方は「現金会員カード」を作っておきましょう

ですが、現金払いでは支払ったらおしまい、後から出てくるのは領収書とおつりだけです

スポンサーリンク







クレジットカード払いはポイント獲得が重要

ネットショッピングが盛んになり同時にクレジットカードのポイント獲得も注目されています クレジットカードを使用する事で貯まるポイントは他の提携店やネットショッピングの他、ガソリンスタンドでも獲得出来ます

有名なのは「Tポイント」と「楽天ポイント」ですね

エネオスでガソリン(燃料)を入れるならどちらのポイントも獲得(どちらか一方)できますし、Tポイントなら利用する事も可能です  「楽天カード」を利用するとポイント還元率は2%と大変お得になっていますがエネオスで利用する事は出来ません

私はクレジット機能付きのTカード楽天カードを利用していますが、クレジット機能付きのTカードはクレジット機能を使わなくとも、通常のTカードとしても使ええるので現金で給油する時もTポイントを貯める事が出来ます

Tポイントも楽天ポイントも良く利用するマイレージポイントなので、ガソリン給油の時は必ずどちらかのポイントを獲得すことにしています

おススメは楽天カードです 理由は先ほどの「ポイント還元率の良さ」です

ガソリン代の支払い まとめ

ガソリン代の支払いで現金とクレジットカード、どちらがお得になるかは表示価格や会員価格、クレジット価格の設定で一概には言えません

ですがポイントと言う付加価値があるのはクレジットカード払いですね

「ガソリンは現金払い」と言う方でもTポイントを貯める事は出来ます(エネオス)のでガソリン価格の差を考えるよりポイント獲得の付加価値に着目する方が賢明です

今後はさらにキャッシュレスが進んで行き、それに合わせてガソリンスタンドでは「クレジットカード払いの顧客獲得」に力を入れて来る事でしょう

クレジットカードの早めの準備が必要ですね  それではまた!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする