道に迷いやすい・覚えられなくて困っている方の共通点と克服する方法

シェアする

道に迷いやすい人・覚えられない人を一言で「方向音痴」と言って良いでしょうか?
本当に苦手意識を持っている方はいますが、大半は「道を覚えるのが面倒」なだけではありませんか そんな方はナビゲーションやスマホの地図アプリを使えば問題ありません

今回は本当に道に迷いやすい・覚えられない苦手意識を持っている方についてです
3つの共通点と克服する方法をお話します

ルート配送の仕事をしていた時、1日に120軒×3コースの配送先を覚える事になりました
もちろんナビゲーションなどはありません その時の経験を含めてお話します

スポンサーリンク

道に迷いやすい・覚えられない人の共通点

その後へっぽこおやじは、新人さんにルートを教える立場になりましたが、道を覚えるのが早い人もいれば、遅い人もいました どうしたら早く正確に覚えてもらえるかを考えている内に覚えの遅い人の共通点がいくつか分かってきました

1 地図を見ない・見方が分からない・書けない

道に迷いやすいく、覚えられない方は「地図を見ない・見方が分からない・書けない」と言う方が多いですね

地図を見ない

地図を見る事で自分がいる現在地を確認する事が出来ます 当たり前と思うかもしれませんが一番大切な事で、道に迷う方は「自分がどこにいるか分からない」のが原因です
日頃から地図を見る習慣をつけると「目印(ランドマーク)」をすぐに見つける事が出来るようになります

地図の見方が分からない

ほとんどの地図は、地図の上側が北の方角を示しています
(ナビゲーションやアプリでルート案内中は進行方向が上側です)

道に迷はないためには、正しい方角を常に意識する事が肝要です
実際、方角さえ意識していれば、大体は何とかなります

また地図には必ず「スケールバー」が表示されていのをご存知ですか?

漠然と地図を見ていても距離感がつかめません
地図を見る時はスケールバーを意識しましょう
縮尺にとって表示される距離が変わりますので注意が必要です
(PCのグーグルマップでは右下に表示されます)

地図が書けない

人に教える地図が書けない、もしくは書いても分からないと言われてしまうのは、目印となるものがない事と距離が分からない為です

向っている方角が分からない

自分が向っている方角が分からなくなってしまうと道に迷う事になります
道を曲がるたびに、向いている方角も変わりますので、常に方角を意識しましょう

簡単に方角を調べる方法

1 街路樹や電柱の影を見る

太陽は東から昇って西に沈ので、午前中は影の伸びている方向がおおよそ西、午後なら東ということになります

歩いている時に、自分の影が前に延びていたのがいつの間にか後にあるなら、道を戻っている証拠です

2 BS/CSなどのアンテナから判断

衛星放送のパラボラアンテナは、南西~南南西を向いています
時間や天候に関係なく使えますので、方角を知る最も簡単でオススメの方法です

克服する方法 まとめ

道に迷いやすい・覚えられなくて困っている方の共通点は、まとめると空間を認識できないからです

常に自分の向いている方角と目印(ランドマーク)を意識するだけで「方向音痴」を克服できます

人生迷いっぱなしの平成がお伝えしました
最後までおつきあい頂きありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする