ベランダで簡単に育てられる虫除け効果が期待できるハーブの種類

シェアする

ベランダでもプランターやポットを使えばハーブを育てる事が出来ます

お料理やお茶に使うのも良し、眺めたり、香りを楽しんだり、何より育てる喜びがあるハーブは私達を楽しませてくれますが、いくつかの種類のハーブの香りは「蚊」は苦手の様です

今回はベランダでも簡単に育てられる虫除け効果が期待できるハーブをご紹介します

ベランダで簡単に育てられるハーブを選ぶ

ベランダに限らず育てるハーブを選ぶ時に重要なことは次の2点に注意しましょう

01 日向を好むor好まない
02 与える水の量は多目or少な目

01 半日蔭OKで虫除け効果があるハーブ

あなたのお宅のベランダは、一日中よく日が当りますか?
一日のうち数時間だけ日が当たるような場所のを「半日陰(はんひかげ)」と言いますが、ハーブの種類によっては日照時間の短さが生育不良や病気の原因になります なので、そんな環境でも育てやすいハーブを選べば良いのです ぜひ栽培に挑戦してみてくださいね

レモンバーム、パセリ、ミントは比較的「半日蔭」でも育てやすいハーブです


レモンバーム

レモンバームは日当たりのよい場所をを好みますが、半日陰でも栽培出来ます

しかし夏場の強すぎる日光は苦手で「葉焼け」の原因になりますので注意が必要です ベランダ向きと言えますね

香りはレモンのような柑橘系の爽やかな香りで、ドリンクやお茶・料理の香りづけにも利用できます

  水やりは、 極度の乾燥に弱いため水を多めに与えます 水切れすは葉の変色の原因になります

ペパーミント

左はペパーミント・スペアミントの画像です

ひとくちにミントとッテもと言ってもその原種は20種類以上、そこから生まれた3000以上の品種があると言われています

大きくはペパーミント・スペアミント日本の「ハッカ(薄荷)」の3種類に分けられます

虫除け効果が期待できるのはペパーミントとハッカ(薄荷)に多く含まれるメントールと言う成分です 一般的に購入しやすいペパーミントは日当たりが良すぎると「葉枯れ」を起こすので、半日陰で風通しの良い場所が適しています

  水やりはこまめに土が乾燥しないようにしましょう 夏場は注意が必要です 水切れが続くと葉の変色の原因になります

パセリ

パセリの独特な臭いで虫除け効果があると言われていますが・・・?

「人でも苦手な方がいるので虫も嫌いじゃないの」レベルかもしれません

パセリも半日蔭もしくは明るい日陰で育てる事が出来ます

  パセリも乾燥に弱いハーブです 水やりは、 土が乾かないように注意してください パセリも水切れすると葉の変色の原因になります

虫除け効果が期待できるハーブ おしまいに

以上が半日蔭or明るい日陰でも簡単に育てられ虫除け効果が期待できる身近なハーブの一例です

元々ハーブはとても強い植物です 独特な香りも害虫から身を守る手段としてそれぞれのハーブが進化した結果と言えます

虫除け効果が期待できるハーブには紹介した以外にもバジル、タイム、ローズマリー、ゼラニウムなどがありますが、いずれも日当たりの良い所を好むとされています

しかし全く日の当たらない場所でなければ十分に育てる事が出来ると思いますよ お気に入りのハーブで挑戦してみましょう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする