Amazonショッピングアプリ[カメラで検索]実際に使ってみて分かった注意点とコツをご紹介

シェアする

Amazonショッピングアプリの[カメラで検索]はとても便利な機能ですが、上手く認識されなくて検索出来ない事もあります

利用し始めた頃は「使えねぇ~」と思った事もありますが、使っている内に注意点とコツが掴めてきました

今回はその辺のところをご紹介します

Amazon ショッピングアプリ

Amazon ショッピングアプリ
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

Amazonショッピングアプリ 関連記事

【文字入力不要】Amazonショッピングアプリのダウンロード手順まとめ

スポンサーリンク

[カメラで検索]の注意点とコツ

初めて[Amazonショッピングアプリ]を利用する時はカメラへのアクセスを許可しましょう

❶ 背景に注意

商品を撮影する時の背景に注意しましょう。背景に余分な物が映っていると検索結果に大きな差が出す事があります

乾電池を検索した時「転がらなくて済む」という事でキーボードに置いて検索した結果にはガンバ大阪のユニホームも検索されています

検索中に検索点(青白い小さな点)がキーボードも検索していた事で精度が下がったと思も割れます

次はテーブルの上に置いて検索してみました。ちゃんと商品を検索しています

試した中でキーボードに置いた時はキーボードを検索した時もあります

検索する時は、フレーム内に余分な物が一緒に写りこまないように、背景に注意が必要ですね

❷ 明るさに注意

暗い場所では商品が認識できない為検索されません。特にバーコードをスキャンする時は注意しましょう

❸ 大きさに注意

「❶ 背景に注意」と同様、撮影する商品の大きさに注意が必要です。先ほどの乾電池の様に小さい商品は出来るだけ大きく、全体をフレームに収めましょう

画像の様な撮影だと商品を特定できない事があります

スポンサーリンク

バーコードを撮影する

[カメラで検索]ではバーコードを撮影して検索する事が出来ます

[バーコードでスキャン]の切り替えなくても検索出来ましたが、バーコードの場合は商品全体を撮影する必要はありませんでした

バーコードの部分だけをフレームに写せばOKですが、先ほどのボールペンの様にバーコードが小さい商品の時はコツが必要です

カメラの拡大(望遠)機能を使う

小さなバーコードを撮影する時にカメラを近づけすぎると接写状態になりぼやけてしまい検索出来ません

そんな時は「開始🔘」を押す前に画面をスワイプして拡大(望遠)にすると簡単にバーコードを写す事が出来ます


注意点とコツ まとめ

Amazonショッピングアプリ[カメラで検索]を実際に使ってみて分かった注意点とコツをご紹介しました

チョッとした注意点とコツですが、[カメラで検索]が上手く使えない時は試して見ると解決できるかもしれません。お試しください

スポンサーリンク

シェアする

フォローする