ブレーキパッドを交換しないと他の部品(ローターやキャリパー)もダメになる理由と対処法

シェアする

2月に車検見積りをした時
ブレーキパッドの残量が3㎜になっている事を聞かされました

クルマいじりが好きな私は現状のまま車検を通し
いつものように自分で交換する事にしましたが
あれから5か月、思わぬ事態に展開してしまいました

sorami
sorami
ブレーキパッドだけではすまなくなっちゃった
ローターは傷つき、ピストンが戻らない!!!

スポンサーリンク

ディスクブレーキの仕組み

ブレーキペダルを踏むと油圧が発生して、キャリパーにあるピストンが
ブレーキパッドを押し、ローターを挟み込む仕組みになっています

ブレーキパッドとローターの摩擦力で
クルマを止めるんですね
sorami
sorami

ブレーキパッドは土台部分と金属繊維などで作られた摩擦材(すり減る部分)
パッドの残量を知らせるウェアインジケーターで出来ています

※ ウェアインジケーターは電気式と機械式があります
ブレーキを踏んだ時「キーキー」鳴るのは機械式ウェアインジケーターです

スポンサーリンク

他の部品(ローターやキャリパー)も
ダメになった理由

普通ならブレーキパッドとブレーキフルード(オイル)を交換すれば済むはずが、今回はローターとキャリパー(ピストン)もダメになってしまいました

ローターがダメになった理由と対処法

すり減ったブレーキパッドの一部(土台が出てる)が
ローターを傷つけてしまいました

傷ついたローターは強度も下がり、ザラザラになった面で
摩擦材を余計に削り取りブレーキパッドの寿命が短くなるので
交換かローターを研磨 する必要があります

sorami
sorami
私はローター研磨を選びました
知り合いを通して1枚2,000円で出来ましたよ。感謝!

キャリパー(ピストン)がダメになった
理由と対処法

油圧でブレーキパッドを動かしているのがキャリパー(ピストン)です
普通ならパット交換の時、簡単にもとの位置に戻せるはずが
今回は戻らない

これは 摩擦熱による固着 が原因ですね

ちゃんとセパレーター(元に戻す道具)を使ってもダメ!
古いブレーキパッドを使って少し強引にしたら
オイル漏れ発生!!!  やっちゃった 新品なら2,3万かかるぞ
sorami
sorami

この場合はキャリパー交換が必要です

今回は「グーネットパーツ」で中古品(価格9,000円)を見つけました

オイルも全量交換が必要

オイル(ブレーキフルード)も全量交換が必要ですね
異常な摩擦熱でオイルも劣化しているはずです

オイルが劣化すると沸点が下がり走行中に気泡が発生しやすくなります
すると、「ブレーキがきかない」
なんてことになりますよ(ベーパーロック現象

今回は「HAMP(ホンダ)ブレーキフルード  DOT4 1L」を購入

ブレーキパッド交換をしないと
まとめ

ブレーキパッドの残量が3㎜になっている事を知っていながら
交換を後まわしにした結果、ローター研磨 2,000円、中古キャリパー9,000円
合計11,000円も余分な出費がかかってしまいました

本当ならブレーキパッド(4,703円)と「ブレーキ グリース」(772円)
だけですんでいたのに・・・

今回のブレーキパッド交換は総額16,475円で
車検見積りより高くなっちゃいました
sorami
sorami

私は自分で交換できたので、16,000円ほどですみましたが
この値段はキャリパーが中古で、さらに工賃が0だからです

ブレーキパッドは定期的に点検、交換が必要です
定期点検や車検見積りなどでブレーキパットの交換をすすめられたら
迷わず交換しましょう

関連記事

車検費用は法定費用はともかく整備代や部品代は出来るだけ抑えたいですね 愛車のフリードスパイクハイブリッドが3回目の車検の時車検見積りでディスク ブレーキパットの交換をすすめられ...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする