イタリアンドレッシング 名前の由来がおもしろい

シェアする

サラダにかけるドレッシングの種類の多さには驚きます

最近では健康志向でノンオイルドレッシングもありますが、もともとサラダドレッシングは酢と植物油に塩・コショウを加えて混ぜたものなのですが・・

sorami
sorami
とにかく、ドレッシングはサラダに使う調味料と思えば良いですね

中でも【イタリアンドレッシング】は、みんなが知っているなじみ深いドレッシングだと思います

ところで、イタリアン・ドレッシング(Italian dressing)を直訳すれば「イタリアのドレッシング」と言う事でしょうが、名付け親はアメリカだって知ってましたか

それと、イタリアには私たちの知っているイタリアンドレッシングは存在しないということも・・・

sorami
sorami
ではなぜ、イタリアンドレッシングと呼ばれるのか?
気になったので名前の由来を調べてみました

スポンサーリンク

名前の由来は「イメージ」

結論から言うとイタリアンドレッシングの名前の由来は「イタリア風の、イタリアっぽい」というイメージなのです

sorami
sorami
イタリアのイメージ?

そもそもイタリアでは、オリーブオイル、酢、塩、ブラックペッパーをお好みでかけて食べるのが一般的だったので、ドレッシングを作る時「オリーブオイルとブラックペッパー」を使ったのが、イタリアをイメージさせたのかもしれませんね

「オリーブオイルとブラックペッパー」はイタリアンドレッシングには欠かせない材料ではないでしょうか

逆に言えば「オリーブオイル」を使っていればイタリアンドレッシングと言っても構わないかも知れません

スポンサーリンク

イタリアンドレッシングの特徴

イタリアンドレッシングは、みじん切りにしたピーマンや玉ねぎ・ニンニクを使うこともあります

sorami
sorami
野菜にかけるドレッシングを作るのに野菜を使うとは・・・

ピーマンもパプリカを使えばカラフルなドレッシングになりますね

私は玉ねぎをすりおろして使っています
野菜とよく絡んで美味しいドレッシングになりますよ
sorami
sorami

その他にもハーブ(バジル・オレガノ・フェンネルなど)をいれたり、マヨネーズを加えてクリーミーに仕上げたクリーミーイタリアンドレッシングもありますね

結局、イタリアンドレッシングの特徴はこの「自由奔放」な所かもしれません

関連記事

「バジル」は暑さに強く、日当たりのよい場所を好むので、水切れさえ注意すれば庭先やプランターで簡単に育てられます それにバジルの葉は色々な料理に使えて便利です とく...

スポンサーリンク

名前の由来がおもしろい まとめ

今回イタリアンドレッシングについて調べて分かったことは

■ 名付け親(発祥地)はアメリカだった
■ 名前の由来はイタリアのイメージ
■ オリーブオイルとブラックペッパーは欠かせない
■ イタリアンドレッシングの特徴は「自由奔放」

と言ったところです

イタリアンドレッシングは、サラダ(野菜)にかけるソースとしてだけではなく、肉や魚料理、パスタにも使う事が出来ます

作るのも簡単で酢やレモン汁1に対してオリーブオイル3の割合で混ぜればベースが出来ます。塩、ブラックペッパー、砂糖をで味を調整してください

さらに野菜やハーブ、を加えるとオリジナルのイタリアンドレッシングになります

しかし、ナポリタンスパゲッティと同じで、イタリアンドレッシングもイタリアには無いとはね・・・

調べてみると面白いものです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする