昔ながらのナポリタン! 平成と昭和のナポリタンの違いは 平成はパスタ 昭和はスパゲッティ その他には?

シェアする

こんにちは へっぽこおやじです

「昔ながらのナポリタン」をレシピで検索するとビッツクリするほど沢山ありますね
喫茶店の味とか、昔の洋食屋さんの味とか・・・懐かしい言葉が並んでいます

皆さんは「昔ながらのナポリタン」と聞いてどんなナポリタンが頭に浮かびますか
今日は「昔ながらのナポリタン」の平成と昭和の違いについてのお話です

どうでもいい話ですが、最後に美味しく作るコツもご紹介しますのでお楽しみに!

平成と昭和のナポリタンの違い

平成時代も間もなく終わろうとしています 昭和時代も昔々になる訳です ( ;∀;)

予定通りなら平成時代は、30年113日(11,070日)間続いた事になります

バブル景気とイタ飯ブームがナポリタンを変えた

平成と昭和のナポリタンの違いなら「バブル景気とイタ飯ブーム」を無視できませんね
昭和の終わりから平成の始めにかけての好景気の頃をバブル景気と言います 「今も好景気」と政治家は言っていますが、バブル景気は庶民まで景気の良さを実感できましたよ

景気が良いと庶民の食事も贅沢になります
当時の洋食と言えば高級食材を使った“フランス料理”がメインでしたが、あまりにも堅苦しい「マナーや店のこだわり」で敷居が高く感じていた時に、もっと気軽で目新しい洋食を求めて“イタリア料理”が人気になり「イタ飯ブーム」が起こったのです

平成はパスタ 昭和はスパゲッティ

パソコンやスマホで簡単に調べられる料理レシピを使っている方は多いと思います
「昔ながらのナポリタン」と検索すると美味しそうなナポリタン」の作り方が載ってます
注目するのは《 材料 の紹介 》です ここで材料に・・・

パスタと紹介している投稿者は・・・・・・・・平成生まれ
スパゲッティと紹介している投稿者は・・・・・昭和生まれ

勿論 へっぽこおやじが勝手に思っているだけですが、一応理由がありますよ

「イタ飯ブーム」の頃へっぽこおやじは調理の修行中でした 「イタ飯ブーム」以前は、
パスタと言う言葉を知っている方は少なかったと思いますよ 当時イタリアの食材で一般的だったのはスパゲッティとマカロニ位なものです
なので昭和生まれのへっぽこおやじは、スパゲッティと呼びます

平成はアルデンテ 昭和は茹で過ぎ!

スパゲッティ(パスタ)を「歯ごたえが残る」様に茹でる事をアルデンテと言いますね
「麺の中心に髪の毛一本分の芯を残して茹であげる」などと言います 「イタ飯ブーム」が続くとだんだん拘りが出て来たのですね

「イタ飯ブーム」以前はどちらかと言うと「茹で過ぎ」ですね
茹で時間も今の様に早茹でのスパゲッティはありませんでしたから・・・それが昭和の味です

平成は茹でてスグ 昭和は茹で置きを使う

イタリア料理店ではソースを作って茹でたてのパスタをソースに和えるのが普通ですが、 昭和の喫茶店や洋食屋で出されていたスパゲッティは「茹で置き」が当たり前でした

茹で置き(お湯は捨てます)にすると余熱で芯まで柔らかくなりモッチリした食感になります
昭和の「昔ながらのナポリタン」にはこの食感が欠かせません・・・と思っています

「昔ながらのナポリタン」と言っても平成と昭和では随分違うでしょう
もう少し続きますよ 「昔ながらのナポリタン」を美味しく作るコツもご紹介します