docomo電話料金を節約!オプション(付加機能)あんしんパックモバイルの[ ケータイ補償サービス]は必要か

シェアする

こんにちは、sorami です

docomo電話料金を節約したいのでオプション(付加機能)を見直しますよ。今回見直すオプションはあんしんパックモバイルの中の[ケータイ補償サービス]です

[あんしんパックモバイル]の中身は

「ケータイ補償サービス」「あんしん遠隔サポート」「あんしんセキュリティ」の3つですね。それぞれの利用料金は月額(税抜き)で・・・

利用料金※ケータイ補償サービス:330円~1,000円(機種により料金が異なります)
※あんしん遠隔サポート:400円
※あんしんセキュリティ:200円

この3つで月々1,100円(ケータイ補償サービスが500円の場合)かかっているのです。sorami の家では5台契約してるので5,500円になります

[あんしんパックモバイル]はすべてのサービスに申し込むと月額料金から380円(税抜)引きになるので、実際は720円/月、5台で3,600円になりますけど。

たった一つのオプション[あんしんパックモバイル]だけで5台契約してると、1年間に47,520円(税込)も支払っているんですよ

そこで[あんしんパックモバイル]は本当に必要なオプションなのか?この記事は【ケータイ補償サービス】について詳しく調べてみますね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ケータイ補償サービス

あんしんパックモバイルの中で一番気になるのが[ケータイ補償サービス]ですよね。故障・水濡れ・盗難・紛失の時に利用するサービスですが私は一度も利用した事がありません

料金は機種によって異なりますが、わが家では5台とも500円でした

POINTケータイ補償サービスに入っているからと言って全てが“無料”ではありませんが、トラブルにあった時の補償・修理にかかる金額が大きく変わってきますよ

01-交換電話機の提供が受けられる

水濡れや紛失、全損などの時「負担金」を支払えば本体を【リフレッシュ品】に交換してくれるんですね

負担金はケータイ補償サービスの料金が月額500円のときは7,500円、それ以上は11,000円になりますよ

このサービスは1年間に2回まで利用できますが、それよりスマホの取り扱いを注意した方が良いですね

02-修理代金を一部サポート

ディスプレイ、内蔵電池、基板など修理が必要になったとき保証対象内の故障なら無料で修理してくれます

保証対象外の故障でも上限は3,000円で、修理ヵ所が複数のでも修理上限額を超えることは無いんですね

iPhoneの場合iPhoneは購入から1年間は無料、2年目以降は上限額5,000円です

もし、ケータイ補償サービスに入っていなかったらどれくらい修理代がかかるのか気になりますね

修理代金の例を見つけたので参考にして下さいね

03-データ復旧にかかる代金が安くなる

スマホの中には画像・動画や連絡先など必要なデータが入ってるでしょう。データが消えたら一大事です

水濡れや破損などで電源が入らなくなったり、データが開かなくなったときデータを取り出し、復旧してくれる代金が安くなりますね

どれくらい安くなるかと言うとケータイ補償サービスに加入していると1,000円、未加入なら8,000円です

04-ケータイお探しサービスが無料になる

スマホを失くした時、おおよその場所位置を見つけることができるんですね。GPS対応機種なら最大誤差50m未満で確認できるようです

個別に加入すると月額50円ですが、ケータイ補償サービスに加入すれば無料になります

docomo電話料金を節約! まとめ

これだけの補償が月々330円~1,000円(機種により料金が異なります)で受けられるなら、やっぱりケータイ補償サービスは必要なオプションなんですかね?

ケータイ補償サービスは、以前に高額な修理代を払ったことがある方やよくスマホを置き忘れる方にはとても重要なオプションだと思います

あんしんパックモバイルの[ ケータイ補償サービス]は節約してはいけないですね

[ ケータイ補償サービス]はいらないと思う方は良く内容を確認してから解約しましょう

スポンサーリンク

シェアする

フォローする