車の点検してますか ショップやディーラーの安全点検任せではダメ 日常点検でいざと言う時のトラブル防止 自分で確かめましょう

シェアする

今年のゴールデンウイーク(GW)は10連休!天気か好ければマイカーでおでかけしたくもなります おかげで道路は毎年大渋滞が発生します 渋滞の原因が「故障車の立ち往生」だったりすると「ちゃんと点検しておけよ」何て心の中でつぶやいたりしませんか

「明日は我が身」ですよ  日頃から自分の車は自分で点検しておきましょう

ショップやディーラー任せではダメ

ショップやディーラー・ガソリンスタンドでも「安全点検」をしてくれます
でも注意してください「安全点検」はその時の車の状態です 重要 

車に乗るのは自分自身です トラブルに巻き込まれるのもあなたです
「1月前点検して大丈夫って言ったじゃない」とショップやディーラーにクレームを言っても通用しません へっぽこおやじは言われる側でしたけど・・・

自分で出来るマイカーの点検

その前にいくつかの質問があります ショップやディーラー任せの方は特に注意です
1 マイカーのボンネット開けたことありますか?
2 スペアタイヤどこにありますか? 交換できますか?
3 車載道具はありますか?

ボンネット開けようとしたら給油口だった!「あれ?どこ?」
パンクしてスペアタイヤの交換しようとして見つからない
車載工具は見た事ない ・・・あなたは大丈夫ですか

最近は車載工具もスペアタイヤもはじめからない車が多いんですよ ご存知でしたか

マイカー点検の基本は、まず見る事

自動車学校で作業前点検(日常点検)はマイカーに乗る時は毎回実施と教わりますね
実際にやってますか? 私は・・スミマセンさすがに毎日は無理です でも点検のポイントは良く知っていますよ  まずはボンネットの中を見てみましょう

タンクの形や場所は、車によって違いますので 見た事のない方は1度見ておきましょう

エンジンルーム点検項目

エンジンルームで点検するのはエンジンオイル/ブレーキフルード/Wウォッシャー/ラヂエーター液/バッテリーを点検します 取扱説明書を見て場所を確認してください

エンジンオイル

オイルキャップのゆるみ  オイルの量 前回いつ交換したのか

ブレーキフルード

オイルの量 車検の時全量交換しましたか

Wウォッシャー

Wウォッシャーは入っていますか

ラヂエーター液

サブタンクに規定量のラヂエーター液は入っていますか

バッテリ-

バッテリー液の量 +・-端子の緩み キャップに白い腐食物やゴミが付ていませんいか

バッテリートラブルは最悪です だって車は動きませんからね 応急処置としてはJAFや保険のロードサービスを依頼したり、ブースターケーブルで「ジャンピングスタート」を親切な方にお願いする他はありません トラブルが起こる前に自分で点検しましょう 
バッテリーについては現在「密閉型」が多くなっています メンテナンスフリーと言う物です バッテリー液の補充は出来ません この場合は“バッテリーチェック”をしてもらいましょう

エンジンルーム内を見るだけで、車の異変に気付く事が出来ます 突然のマイカートラブルを解消する第一歩です

車の点検してますか まとめ

今回は初歩の初歩、まず“ボンネットを開ける事”そして“まず見る事”が大切と言うお話でした 最初から自分だけで点検するのは不安な方は、ショップやディーラーで安全点検をした時に
安全点検の仕方を聞いても良いでしょう

今回この記事を書こうと思ったのは、自分の車なのにボンネットを開けられない私の妻がきっかけでした  次回は各点検項目について詳しくお伝えします

最後までへっぽこおやじにお付き合いいただきありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする