ドライブレコーダーの撮影性能 「HDR」「WDR」とは?本当に必要なのか

シェアする

スマホのカメラの設定に「HDR」がありますね 簡単に言うと写真をきれいに撮るための機能です 「WDR」も同じです

皆さんは、日差しの強い日や夜間に撮った写真で、一部が真っ白になったり、真っ暗になって 失敗した経験はありませんか せっかく撮ったのに映っていない!なんてね

コレは困りますよね ドライブレコーダーの場合はなおさらだと思いませんか

「HDR」「WDR」性能が必要なわけ

ドライブレコーダーは常に変化する状況の中で撮影をしています

トンネルや地下に出入りする時や、対向車のヘッドライト、日差しの反射など急に明るくなったり、暗くなったりを繰り返している訳です

そんな時に事故やトラブルに遭遇したら「映っていない!」では困りますよね

「HDR」「WDR」は明暗差を補正して「映っていない!」を減らす機能です

「HDR」「WDR」は同じなの?

さっきは「HDR」「WDR」も同じと言いましたが、少し補足しますね

どちらも明暗差を補正して肉眼に近い映像を撮影する目的は同じですよ

「HDR」はアプリ(編集ソフト)を使っています 簡単に言うと・・・

明るい写真と暗い写真を同時に複数枚撮影して、その中から見易い部分を合成している訳です

「WDR」はレンズやイメージセンサーの性能を向上する事で明暗差を無くした技術と言えますが、基準は無くあくまでも目安(自己申告)を表す言葉です

スポンサーリンク

「HDR」「WDR」は本当に必要なのか

結論から言うと私は必要だと思いますよ

ドライブレコーダーは事故やトラブルに遭遇した時の証拠を撮影する機械ですから、

いざと言う時に何も映っていなければ意味がありませんからね 例えば・・・

トンネルの出入り口は事故の多い場所です

それは急に暗くなったり明るくなったりするので、一瞬前が見えなくなる事があるでしょう

これはドライブレコーダーも同じです 「HDR」「WDR」機能が無ければ何も映っていない可能性が高くなると思いますね

値段が高くなるじゃないか?

ネットショッピングで紹介されている3,000円台の物から数万円の機種まで、価格に関わらず「HDR」か「WDR」のどちらかの性能を謳っています

「それじゃあ心配ない」と言いたい所ですが・・・

ドライブレコーダーの撮影性能 おしまいに

「ドライブレコーダーを車に付けよう」と思ったのは事故やトラブルに遭遇した時に証拠となる映像を残したいからでしょう

ならば「HDR」「WDR」と言った性能は必要不可欠ですね

ドライブレコーダーは「HDR」「WDR」機能のある機種を選びましょう

ドライブレコーダーの撮影性能についての関連記事

クルマの運転で「ヒヤリ・ハット」の経験や「これってあおり運転?」と感じた方はドライブレコーダーの必要性に気づくでしょう 実際、事故やトラブルに遭遇してしまった時もドライ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする