JAFは自動車保険(ロードサービス)対象外の「タイヤはまり」にも対応します

シェアする

自動車保険の「ロードサービス」は、バッテリー上がりやカギの閉じ込めのなどの突然のトラブルに、24時間365日対応してくれます

ロードサービスの内容は各保険会社ごとに多少変わるけど、「日常起こりやすいトラブルには何でも対応してくれる」と思っていませんか

例えば、ぬかるみや砂浜などでタイヤが空転して動けない・・・

「タイヤはまり」はどうでしょうね

sorami
sorami
「タイヤはまり」はロードサービスの対象外になっていることが多いんです

スポンサーリンク

ロードサービスの対象外

ロードサービスの対象外になっている身近に起きそうなトラブルは「タイヤはまり」だけではありません

「パンク修理」もロードサービスの対象外になっていますよ

パンクした時はレッカーで修理場まで運んでもらう事になります(パンク修理は実費)
スペアタイヤへの交換は対象になっているけど、最近はスペアタイヤが無いクルマが多いですね
sorami
sorami

その他にも回数や条件の制限があるので、一度自動車保険のロードサービス内容を確認しておいて下さいね

話を「タイヤはまり」に戻しましょう

タイヤはまりは思わぬところで起きます

キャンプやBBQなどのレジャーで海や川に行ったとき、砂浜や砂利道、ぬかるんだ道で「タイヤはまり」になったら自分で脱出できますか

また脱出するめの軍手やスコップ、毛布などをいつも車に積んでいる方は少ないと思います

sorami
sorami
だってロードサービスを使えばいいじゃない

何度も言いますが、「タイヤはまり」はロードサービスの対象外です

自分で脱出できる?

「タイヤはまり」はジャッキや毛布、大きな石、板などを使えば自分で脱出する事が出来ますが手慣れた人じゃないと無理ですね。女性の方にはほぼ不可能といって良いでしょう

他に車がある場合には “けん引 ”してもらう方法もありますが、軽自動車で大型車をけん引するなどやらない方が良いいこともあるので注意がいるよ
sorami
sorami

それに「けん引ロープ」だって必要になります

持ってるは少ないでしょう

そんな時に思い出した「自動車保険のロードサービス」も対応してくれないとなると、どうすればいいのか分かりませんね

スポンサーリンク

JAFを呼んだ日

ある日の早朝、行き慣れた河川敷に鮎釣りを見に行きました。すると今までと雰囲気が変わっていたんです

「新しく砂利を入れたのか?」

20mほど進むと車の様子がおかしくなり危険を感じてバックしようとしたら前輪が空転を始めました

どうやら、新しくひいた砂利は踏み固めてなくてフワフワ状態だったようです

「ヤバイ!やっちまった」

トランクにある毛布を使って脱出を試みたが失敗!
けん引ロープはあるけど、時間が早すぎたのか河川敷は貸し切り状態!
カミさんを呼んでけん引しようとしましたが二重遭難しそうで断念!

保険のロードサービスを思い出してコールセンターに電話すると「タイヤはまり」はサービスの対象外と告げられました

タイヤはまりはロードサービスの対象外と知った瞬間です

勧められたのはJAF

ロードサービスのコールセンターがすすめてくれたのがJAFでした

JAFなら「タイヤはまり」の他にも自動車保険のロードサービスでは対象外のトラブルにも対応してくれます

sorami
sorami
ンクの応急修理や自然災害での事故や故障、急に車から異音や異臭がした時などにも対応してくれるんですよ

ロードサービスだけでは

自動車保険のロードサービスはすべてのトラブルに対応してくれるわけではありません「タイヤはまり」は対象外になっている事があります

JAFは身近で起こりそうで、ロードサービスの対象外いなっているトラブルにも対応してくれます

それにJAFに加入すると保険のロードサービスとあわせてけん引・搬送の距離が伸びたりしてより安心度が増しますよ

JAFと提携している主な保険会社は・・・

  • 三井ダイレクト
  • セゾン自動車
  • アクサダイレクト
  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン
  • 三井住友海上

などです。自動車保険を選ぶ時の参考にして下さい

JAFはクルマのメカに弱い方や、自分で対処できないと思う方は突然のトラブルに備えて加入しておいた方が安心です

私も「タイヤはまり」をきっかけにJAFに加入しました

スポンサーリンク

シェアする

フォローする