エンジンがかからない12V車のバッテリーにブースターケーブルをつなぐ/取り外す順番

シェアする

バッテリーはエンジンをかける大切なパーツですが、突然性能を失う事があります 一つはライトの消し忘れなどのうっかりミス、もう一つはバッテリーの寿命によるものです

車に付いているバッテリーは、国産のガソリン車なら軽自動車を含めてバッテリー1個 12V車です

最近はメンテナンスフリーバッテリーが主流になり、バッテリー点検をする必要がないと思っている方も多いかもしれませんが、しかし、その時は突然やって来ます

「エンジンがかからない」

さて皆さんは冷静にバッテリートラブルに対処できますか

もしもブースターケーブルとエンジンがかかる別の車があれば、とりあえずエンジンをかける事は出来ます

方法は簡単!救援車(エンジンがかかる車)と故障車(エンジンがかからない車)のバッテリーをブースターケーブルでつなぐだけです

sorami
sorami
それでは頑張ってください!・・・では、無責任すぎますね

この記事ではエンジンがかからない12V車のバッテリーにブースターケーブルをつなぐ順番をご紹介します

スポンサーリンク

とにかくエンジンをかけたい!

突然訪れるバッテリートラブルに備えるには最低[ブースターケーブル]が必要です。

保険のロードサービスやJAFを利用する場合はトラブルの場所と発生時間によってはかなり待たされることがあるので、とにかくエンジンをかけたいなら車にブースターケーブルを積んでおきましょう

ブースターケーブルをつなぐ順番

お急ぎの方もいらっしゃるかもしれませんので結論からご紹介します。ただし、ブースターケーブルをつなぐときはいくつかの注意点があります

一度もやった事が無い方は以後の説明もぜひお読みください

sorami
sorami

救援車(エンジンがかかる車)と故障車(エンジンがかからない車)のバッテリー端子をブースターケーブルで下記の順番でつなぎます

まず故障車・救援車ともにサイドブレーキをかけ、救援車のエンジンを切ります。ではいよいよブースターケーブルをつないでみましょう

端子をつなぐ順番

  1. 故障車(エンジンがかからない車)のプラス→
  2. 救援車(エンジンがかかる車)のプラス→
  3. 救援車のマイナス→
  4. 故障車のマイナス(できれば端子ではなくエンジンの金属部分など)

スポンサーリンク

エンジンをかける

故障車・救援車のギアを確認 AT車は[P]、MT車は[N]

救援車のエンジンをかけ、アクセルを軽く踏んでエンジンの回転を少し高く保ちます。できれば数分そのままの状態を保ちます

故障車のエンジンをかける

エンジンがかかればブースターケーブルを取り外します

ブースターケーブルを取り外す順番

ブースターケーブルの取り外しはつなぐ順番の逆になります

取り外しの順番

  1. 故障車のマイナス→
  2. 救援車のマイナス→
  3. 救援車のプラス→
  4. 故障車のプラス

ブースターケーブルには電流が流れています
取り外す時も車体の金属部分には触れないようにしましょう

それでもエンジンがかからない

それでもエンジンがかからない場合は次の事を確認してください

  • 端子部分の嚙ませ方があまい
  • 救援車・故障車のヘッドライトなど余分な電装を[OFF]にする

※ 端子部分の嚙ませ方を確認する時は救援車のエンジンを切りましょう
※ 路上の場合は救援車のハザードランプは点けておきましょう

sorami
sorami
これでもエンジンがかからない場合はバッテリートラブルではない可能性があるので作業を中止してください

はじめて・・・注意点

ブースターケーブルをつないでエンジンをかける作業にはいくつか注意する点があります。救援車を呼ぶところからご説明します

救援車について

救援車は同じ排気量程度の車が良いと申しましたが、同じ12V車でもバッテリーの大きさ(容量)が同じくらいという意味です

例えば2000㏄の車で軽自動車を救援するなら問題はありませんが、その逆はお互いのバッテリー状態によってはエンジンがかからない事もあります

またハイブリッド車やHV車は救援車として使えない車種もあるので確認が必要です

故障車のマイナス端子

一番最後につなぐ「故障車のマイナス端子」にブースターケーブルを噛ませるときパチパチと火花が飛ぶ事があります

その為にできればバッテリー端子ではなくエンジンの金属部分などにつなぎたいのですが、最近はカバーで覆われている車も多く接続部分が見つからないことが多いです

その場合は迷わずバッテリー端子に接続しましょう

不用意にエンジンルームに手を入れるのはかえって危険です

sorami
sorami

プラスとマイナスは接触させない

ブースターケーブルの赤い方がプラス黒い方がマイナスです。バッテリーにつなぎ始めたらケーブルのクリップ同士を接触させてはいけません

また車体もマイナスの役割をします。ブースターケーブルが劣化して中の銅線が見えている部分が接触するとショートする事があります

つなぎはじめる前に点検しましょう

エンジンがかかっても

「エンジンがかかればおしまい」と言うわけにもいきません。ヘッドライトの消し忘れなどのうっかりミスならその後1時間程アイドリングすれば回復すると思いますが、バッテリー自体の寿命や損傷が原因の場合は、エンジンを止めるとまたかからなくなる事があります

また、オルタネーター(発電機)に起因する場合は走行中に止まってしまう事があるので、すぐに点検することをおすすめします

スポンサーリンク

つなぐ/取り外す順番 まとめ

ブースターケーブルを持っていると自分でやるにせよ、やってもらうにせよ、救援車があればすぐにエンジンをかける事が出来ます

ただブースターケーブルのつなぎ方/取り外しの順番を間違うと車だけではなく作業している本人にも良いことはありません

正しいブースターケーブルのつなぎ方/取り外しの順番と、いくつかの注意点を覚えておきましょう   それではまた・・・

関連記事

 クルマのバッテリー 自分で点検する時の3つのチェックポイントと対策をご紹介



シェアする

フォローする