ゴミの回収作業でわかった ペットボトルを捨てる時にキャップやラベルを外す意外な理由

シェアする

可燃、不燃、資源、粗大、有害ゴミ…ゴミの分別って本当に面倒ですね

その中でもペットボトルはキャップやラベルを外す手間がかりますが、資源として再利用するにはキャップやラベルを外さないとリサイクルの妨げ(手間がかかる)になります

・・・とここまでは当たり前の事ですが、ペットボトルのキャップやラベル、特にキャップを外す意外な理由があるんです

ゴミの回収作業でわかったことをお話します

スポンサーリンク

ペットボトルのキャップは危険

ペットボトルにキャップを付けたままだと回収作業員さん達が危険なんです

回収作業に使う収集車(パッカー車)にペットボトルを積み込む時、キャップをしたままだと破裂する時があります

その勢いで飛んできたキャップはかなりの威力があり、メガネにひびが入るほどです

sorami
sorami
私自身も顔に当たった事がありますが、かなり痛い!回収作業をする側としては「キャップは外しとけ」と言いたいですね

これはゴミの回収作業をした事がなければ分からないと思います

飲み残しは捨てて!

キャップをしたままで飲み残しがあると破裂した時に周りに飛び散ってしまいます。作業員にもかかってしまうし、共同の収集場所を汚してしまう事にもなります

飲み残しはちゃんと捨てて下さいね
sorami
sorami

スポンサーリンク

ペットボトルのラベルは剥がして

ペットボトルを資源ゴミで回収する場合ラベルも剥がしてくださいね。市町村によってはそのまま回収してくれるかもしれませんが、詳しくは「○○市町村、ゴミ分別」などのキーワードで検索してちゃんと確認しましょう

ラベルやキャップ付きのペットボトルは違反シールを貼って回収しませんが、1,2本混ざっている位なら優しい作業員なら剥がして持って行くでしょう

sorami
sorami
以前、ラベル付きのペットボトルを回収しないで残して行ったらクレームが来ましたから・・・それって作業員が悪いのか?

最近のラベルは剥がしやすくなっています

❒ シュリンクラベル ➟ ミシン目の入ったラベル
❒ ロールラベル   ➟ 剥がし口付き
❒ ストレッチラベル ➟ 伸び縮みするラベル

ペットボトルを資源ゴミに出す時はラベルもちゃんと剥がしましょう。剥がせない時は無理をせず可燃ゴミに出してくださいね

ゴミの回収作業でわかった まとめ

ゴミの回収作業を体験して、従事している作業員さん達のご苦労が少しだけ分かりました

ペットボトルを捨てる時にキャップやラベルを外す理由はリサイクルの妨げをしない為ですが、回収作業をする側としてはそれ以前に危険だし、手間がかかる事を知ってもらいたいですね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする