鉢植えの「マリーゴールド」を枯らさない為の植木鉢の置き場所や世話の仕方を詳しく説明します

シェアする

マリーゴールド

マリーゴールドは、世話もかからず育てやすいのですが、「鉢植え」の場合は枯れてしまうこともあります

sorami
sorami
どうして鉢植えだと枯れてしまうの か不思議に思いませんか?

実際、私も何度も枯らしてしまった事がありますが、その度に買ってきた苗のせいにしていました。ですが調べてみると「地植え」と「鉢植え」では世話の仕方が違っていたのです

私が失敗から学んだ事を参考にして頂ければ初心者の方でも綺麗な花を長く楽しむ事が出来るはずですよ

この記事は、鉢植えで「マリーゴールド」を育てる方に枯らさない為のコツをお伝えします

スポンサーリンク

マリーゴールドを枯らさない為にはどうする

今回はホームセンターで買った、花と蕾を持った苗を素焼きの鉢(5号鉢程度の大きさ)に植え替えます

植木鉢の置き場所

もしもマリーゴールドを日当たりの悪い場所に置いているなら日当たりと風通しの良い場所に移動しましょう。室内に置くなら日当たりが良い窓際です

マリーゴールドの置き場所

チェック 日当たりの良い場所
チェック 風通しの良い場所

水やり

マリーゴールドは土がよほど乾燥していなければ水やり不要です。私が「世話もかからず育てやすい」と思っていたのはまさにこの点なのですが、これは地植えの場合です

水やりのタイミング

チェックチェック項目その1 鉢植え ➟ 表面の土が乾いた時 
チェックチェック項目その2 地植え ➟ 乾燥が続き萎れ始めた時
チェックチェック項目その3 どちらも朝か夕の涼しい時間に行う

肥料

草花用培養土を使えば肥料はほとんど必要ありません。やり過ぎは花付きを悪くすることもあります。また真夏(8月)は肥料を与えない方が良いみたいです

枯れた花

枯れた花

枯れたり茎が折れた花に水やりや雨で水がかかると腐って病気になることがありますので、私は枯れた花はこまめに切り取っています

また枯れた花は「種」を作るのに沢山の栄養が必要になり、これから咲く花に栄養が行かなくなってしまいます。花を長く楽しむためには枯れたり茎が折れた花は取り除きましょう

枯れた茎や葉

マリーゴールドは湿気が苦手なので株が風通しが良くなるように、枯れた葉や茎を見つけたらすぐに取り除きます

枯れた花や茎・葉がそのままだと見た目もよくありませんね
sorami
sorami

蕾を間引きする

脇芽に付いた蕾

蕾が沢山あると「次から花が咲く」と期待してしまいますが、多過ぎると株が疲れ花を咲かせる前に枯れてしまうことがあります

何個かの蕾を間引きして栄養を集中させるようにしましょう

sorami
sorami
私は全体のバランスを考え脇芽に付いた蕾を摘み取っています

マリーゴールドを枯らさない まとめ

鉢植えのマリーゴールドを枯らさない世話の仕方で参考になる点はありましたか?今一度まとめて見ると次のようになります

鉢植えのマリーゴールドを枯らさない

チェック 日当たりと風通しの良い場所に置く
チェック 水やりは表面の土が乾いた時、朝夕涼しい時に・・・
チェック 肥料のやり過ぎに注意
チェック 枯れた花や茎・葉は取り除く
チェック 花の咲かせ過ぎに注意 蕾を間引きする

私はこのようなポイントに注意して世話をしています。マリーゴールドは花が咲いている期間が長く世話のかからない花です

ぜひ、鉢植えでも育ててみて下さい。それではまた・・・

※ 関連記事

庭先やベランダでプランターやポット(鉢)を使って簡単に育てられるハーブで、イタリア料理には欠かせないのが バジル( basil)です 簡単・手間いらずと言っても、美味しいバジル...



シェアする

フォローする