メダカをベランダで飼いたい 初めて聞いた「メダカ ビオトープ」って何? 

シェアする

赤玉土を入れホテイ草が浮いた発泡スチロールの箱に
メダカがチョコチョコ泳いでいます

メダカは1999年2月に絶滅危惧II類 (VU)
「絶滅の危険が増大している種」に指定され
身近に見かけることが出来なくなりましたね

しばらくぶりに見かけたメダカの愛らしさに
心癒されるひと時でした

sorami
sorami
なんでこんなところにメダカが…と、聞いてみると

「メダカ ビオトープ」が出来るまでの仮住まいだそうです

「メダカ ビオトープ」って何? 水槽の事か
sorami
sorami

メダカに心を奪われた私は、自分でも飼えるかなぁ~と
奮闘が始まったのです

スポンサーリンク

初心者がメダカを飼う
ビオトープとは

メダカは室内でも、屋外でも飼う事ができて
比較的簡単なので初心者もすぐに始められるそうです

先ずは室内で飼うか屋外にするか決めなくてはなりません
軒先にあった発泡スチロールの中で泳いでいたメダカを見た私は
ベランダで飼ってみたくなりました

そこで気になっているのが先ほどの
「ビオトープ」です。ビオトープとは一体何なんでしょう

理屈っぽく知りたい方は

ビオトープ ➟ 『ウィキペディア(Wikipedia)』

メダカ ビオトープ

ビオトープとは様々な動物や植物が共生している生息空間のことですね

水辺の環境を再現すれば自然の力でメダカが飼える
そんな、小さな自然を作るのがメダカ ビオトープなんですね

sorami
sorami
ベランダにメダカが住める小さな自然がある
そんな光景が目に浮かびます
癒されること、間違いありません

スポンサーリンク

メダカ ビオトープに必要なもの

メダカ ビオトープを始めるのに必要なものをお聞きすると
意外と簡単にと揃えられそうです
室内で買う時のようにエアーポンプや照明も必要ありません

ビオトープにおすすめの入れ物

お話を聞くと
メダカ ビオトープには “ 水連鉢 ” を使っているそうです

どんなものかと調べてみると
大きさも形も色々あり、値段も数千円から1万円以上のものまで様々です

こんな素敵な鉢が買えると良いんですけどね
sorami
sorami

その他にもプランターや底穴をふさいだ植木鉢でも良いそうですが
夏の暑さ対策のためにも、気温の影響を受けにくい
深みと厚みのある睡蓮鉢をすすめられました

底土

写真のように入れ物の底には土を敷き詰めるそうです
値段も安くホームセンターや園芸店で手に入る
赤玉土を使うと失敗しないと言われました

赤玉土はバクテリアの住かになって、メダカの糞や汚れを分解し
澄んだ水に保ってくれる働きをするんですね

sorami
sorami
専用の「メダカの天然ろ過ソイル」もあるけどね…
まずは赤玉土で十分だよ
と、おっしゃっていました

水草・浮き草・抽水植物

アナカリスやマツモと言った水草やホテイ草などの浮き草は
ビオトープに欠かせないもので値段も安く丈夫で育てやすいそうですよ

上手に育てれば株分けもできるんですって…
sorami
sorami

土に根を張って、茎や葉の一部が水上に出ているものが「抽水植物」です

花が咲いたりするので見た目にもビオトープには欠かせないそうです

水道水はカルキ抜きが必要

水道水を使うときは、バケツに汲んで最低1~2日くらいは
日光に当ててカルキ抜きをするそうです

お話を聞かせてくれた方は井戸水を使っていると
おっしゃっていました

本命のメダカ

飼うメダカの匹数は入れ物の大きさ(水の量)によって決めるみたいですね

水1リットルに対してメダカは1匹以下にするそうです
メダカはその方から数匹譲っていただくことになりました

メダカ ビオトープ まとめ

水連鉢やプランターでメダカの住む小さな自然を作る
「メダカ ビオトープ」は私にとって、大きな癒しになると思います

なのに必要なものは意外と身近に手に入り、エアーポンプや照明も要らないので、電気代もかかりません

これなら手軽に始められそうですが
相手(メダカ)は生き物です。責任をもって育てないといけませんね

大切に育てればどんどん増え、可愛らしい姿を見る事が出来ますね

早速入れ物探しから始めようと思います

できればこんな感じの「メダカ ビオトープ」が作りたいな
sorami
sorami

スポンサーリンク

シェアする

フォローする