メダカ一覧

初心者がメダカを飼い始めて1ヵ月経過したビオトープの様子

うかつにも、外の水槽でチョコチョコ泳ぐ可愛いメダカに懐かしさを感じて ” 屋外で、水草や園芸用の赤玉土を使ったビオトープは、餌の心配も要らないし、エアレーション(ブクブク)やフィルターの掃除も要らないよ “ こんな良い所どりの話と「メダカあげる」の言葉に 私は反応してしまいました

メダカの飼育水(足し水)に山の湧水を使う理由 カルキ抜き不要でメダカも元気です

メダカを屋外(ビオトープ)で飼い始めて最初に使った飼育水は 稲を育てる為に用水池に貯めた水をパイプでひいている田んぼの用水でしたが その後は「山の湧水」を利用しています 夏場、屋外のビオトープでは飼育容器が素焼きのテラコッタと言うこともあり 水が蒸発するので足し水が必要です なぜ足し水に山の湧水を選んだかお話します

ホテイアオイの花は「1日花」 花芽が出てから、開花、しおれるまでの様子

ホテイアオイの実物の花を初めて見たのはごく最近です ところが奇跡が起こりました もう一つのビオトープに入ったホテイアオイにも 花芽が付いたのです 前回咲いた花が夕方にしおれてしまったので調べてみると ホテイアオイの花は日の出とともに開花してその日の内にしおれてしまう 「1日花」だったのです 

ホテイアオイの花が咲いたメダカビオトープ! 花を咲かせる参考になれば良いのですが  

ホテイアオイ(ホテイ草)の実物の花をはじめてみました 別名「ウォーターヒヤシンス」と呼ばれているように うす紫色でとても可憐な花です 今までホテイアオイに花が咲いたことは一度もなかったので どうして花が咲いたのか調査してみたいと思います ホテイアオイの花を咲かせてみたい方の参考になれば良いのですが…

メダカ取りに出かける前に~メダカに間違えやすい魚No.1【カダヤシ】

【 カダヤシ 】という魚をご存知ですか カダヤシはメダカと同じように、田んぼや小川、 流れの穏やかな身近な場所に住んでいます 大きさも泳ぎ方もメダカにそっくりなので メダカに間違えやすい魚 No.1だそうですよ カダヤシはチョッと厄介な魚なので メダカとカダヤシの違いを覚えて下さいね

100 yen shop(ダイソー / セリア)の【メダカの餌】は大丈夫?~家のメダカは元気です

100 yen shop(ダイソー/セリア)は、【メダカの餌】も売っています 他にも金魚やザリガニの餌までありますよ 100円だし、使ってみようかな。 でも・・・ 初めてビオトープでメダカを飼い始めた私は、 「100 yen shopで売っているメダカの餌は大丈夫なのか?」と 素朴な疑問を持ちました 素朴な疑問とは‥ 

田んぼで「ビオトープ」に使う水草と土をとって来た!~突然現れた小さな貝の正体

近くの田んぼで、メダカ ビオトープに使う水草と土をとってきたら 小さな貝が突然姿を現しました 貝の大きさは3㎜~5㎜ほどで 葉っぱに上ったりバケツのヘリに張り付いたりしています この「貝」の正体は何でしょう 田んぼにいる貝と言えば「タニシ」しか思いつきませんが… 

メダカと一緒に飼う「タニシ」を獲ってきた ビオトープでタニシを飼うメリット

屋外のビオトープでメダカを飼い始めました 水草も近くの田んぼや小川からとってきたものを使っています でもメダカだけだとメダカだけじゃさみしいし・・・ 「タニシ」はメダカと同じ場所にいる生き物です 一緒に飼っても問題はないと思うんですが、 ビオトープで「タニシ」を飼うメリットは何でしょう 

屋外の【メダカ ビオトープ】ではメダカに餌を与える、与えない どっち?

屋外の【メダカ ビオトープ】は「あまり、餌やりは要らないよ」 と、私がメダカをいただいた方に言われました 赤玉土を敷き、水草を入れた【メダカ ビオトープ】は 自然に発生したプランクトンや藻がメダカの餌になると言うのです さらに餌の与え過ぎは水を汚す原因になると言うのです