メルカリ 発送方法「ネコポスとゆうパケット」 梱包サイズ、発送場所/受取場所の違い

シェアする

メルカリで売れた小物商品の発送なら全国一律料金(ネコポス210円・ゆうパケット230円)で面倒な宛名書き不要、匿名配送ができる「ネコポス」か「ゆうパケット」がおすすめです

違いは料金と提携先(クロネコヤマト/日本郵政)・・・だけではありませんよ

梱包サイズや発送場所/受取場所にも違いがあります

この記事では「ネコポス」と「ゆうパケット」の違いを紹介します

スポンサーリンク

ネコポスとゆうパケットの梱包サイズ

重さ制限は1㎏以内と同じなのですが送れる外寸が違います

 最大サイズ
ネコポス最大サイズ   縦31.2cm 横22.8cm 厚さ3cm以内 3辺合計57cm
ゆうパケット最大サイズ 厚さ3cm以内の3辺合計60cm 長辺34cm

と、ゆうパケットの方が若干大きいサイズになっています

また最小サイズも決まっています

 最小サイズ
ネコポス最小サイズ   縦23cm  横11.5cm 厚さ3cm以内
ゆうパケット最小サイズ 縦…     横…       厚さ3cm以内

実は、メルカリ配送方法 早見表にはゆうパケットの最小サイズは厚さ3cm以内しか表示されていません

それでは縦・横・厚さが3cmのサイコロ状でも送れるのか?と言うともちろんそのままでは送れません

調べるとゆうパケットの最小サイズは縦14cm 横9cm 厚さ3cm以内でした

ネコポスと比べるとかなり小さいサイズまで送ることが出来ますね

梱包材は小さい方がコストが掛かりませんから商品に合わせた最小サイズで送るのが販売利益を増やすコツでもあります

ネコポスとゆうパケットの発送/受取場所

発送場所は出品者の、受取場所は購入者の利便性に関わります
ネコポスはヤマト営業所、ゆうパケットは郵便局以外にコンビニでも発送可能です

発送場所

ネコポス ゆうパケット
発送場所 ヤマト営業所
セブン‐イレブン
ファミリーマート
宅配便ロッカーPUDO
メルカリポスト
郵便局
ローソン

発送場所はネコポスの方が断然多いと思いますが、近くに発送場所がある発送方法を選ぶと良いでしょう

もう一つ郵便局は営業時間に問題がありますね

日中時間が取れれば問題ありませんが、通常の窓口営業時間は9:00~17:00ですので本局や大きな郵便局がないと仕事帰りに出すわけにもいきませんね

また街の小さな郵便局は土日祝はお休みです
発送できるタイミングを考えて配送方法を選びましょう

発送までの日数に余裕を持っているとしても購入者の指定が無ければ早く発送するに越したことはありませんよ

受取場所

ネコポス ゆうパケット
受取場所 郵便受け 郵便受け
コンビニ
郵便局
はこぽす

どちらも郵便受けに投函されるのが基本ですが、ゆうパケットではその他に郵便局/コンビニ/はこぽすで受け取る事ができます

サプライズプレゼントなどで家族や友人に知られたくないと言う購入者もいるかもしれませんから覚えておくと良いでしょう

メルカリ「ネコポスとゆうパケット」 まとめ

「ネコポスとゆうパケット」は料金と提携業者の違いだけではなく梱包サイズや配送/受取場所の違いも考えて選ぶようにしましょう

出品者にとって「発送が早い、迅速な対応」は評価にもつながります

またこれからメルカリを始める方は招待コードを利用して登録しましょう
するとメリカリ内で利用できる500Pもらえますよ

周りに利用者がいない場合はコチラの招待コードをお使いください

 これからメルカリを始める方に500Pもらえる招待コード
BANBQN
それではまた・・・



シェアする

フォローする